鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



新開院薬師堂
〜あきる野市〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







新開院


 新開院は臨済宗建長寺派の寺院。

 創建年は不明。

 薬師堂には、明治の神仏分離まで鶴岡八幡宮寺の薬師堂にあった薬師三尊像が安置されている。


新開院薬師三尊像
薬師三尊像


 新開院は隣接する普門寺の塔頭。

 『新編武蔵風土記稿』によれば、普門寺は鎌倉五山の一つ壽福寺の末寺だった。

 鶴岡八幡宮寺の薬師三尊像は、壽福寺に預けられた後、新開院に移されたのだという。





鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

 1868年(明治元年)に神仏分離令が出されるまでの鶴岡八幡宮は神仏習合の宗教施設。

 神仏分離による廃仏毀釈の運動の中、1870年(明治3年)に薬師堂、護摩堂、大塔、経蔵、仁王門が破壊された。







あきる野市新開院
新開院

東京都あきる野市野辺435

JR五日市線「東秋留」駅から徒歩約4分






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索