鎌倉手帳(寺社散策)

円蔵神明大神宮
大庭景義の館址(懐島城址:茅ヶ崎市)

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







神明大神宮


 神明大神宮の周辺一帯は、大庭御厨の領主大庭景義(景能)の懐島城があった地。

 景義が館の鬼門に伊勢神宮を勧請して建立した。

 社殿裏には、懐島館址碑と景義の像が建てられている。

 大庭御厨は、鎌倉権五郎景政によって開発され、伊勢神宮に寄進された寄進地荘園。

 現在の寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市にまたがる相模国最大の御厨だった。

 御厨とは、天皇や伊勢神宮などの領地を意味する。

 大庭御厨は、1144年(天養元年)、源義朝が乱入し、大規模な収奪が行われた。


祭神 天照大神
(あまてらすおおみかみ)





懐嶋館址碑


懐島館址碑と景義像

 大庭景義は、鎌倉権五郎景政の曾孫といわれている(※鎌倉氏・大庭氏の系図には諸説ある。)。

 大庭御厨の懐島郷に館を構えたことから「懐島太郎」と称した。

 景義は、源義朝に仕え保元の乱(1156年(保元元年)に従軍し、源為朝(義朝の弟)の矢を受け負傷。

 以後、家督を弟の景親に託し、懐島で暮らした。

 1180年(治承4年)、源頼朝挙兵すると景義はそれに従うが、弟の景親は、頼朝に敵対。

 景親は、石橋山の戦いで頼朝軍を撃破したが、頼朝富士川の戦いで平家軍を敗走させると、頼朝の下に投降し、片瀬で処刑された。

 一方、景義は頼朝の御家人として北条政子の鎌倉入りの出迎えや、鶴岡八幡宮の造営、頼朝の御所(大倉幕府)の造営などを仕切った。

 景義と景親には、源平の合戦でどちらが勝つにしても「大庭の家を残す」という思惑があったのかもしれない。

 1189年(文治5年)の奥州征伐では、朝廷の勅許を得られない頼朝に「部下(泰衡)を討つのに天皇の許可は必要ない」と進言したのだという。

 頼朝の死後の1210年(承元4年)没。

 子景兼が家督を継いだが、1213年(建暦3年)に起こった和田合戦で、和田義盛に味方したことで大庭氏の勢力は衰退した(参考:養命寺(藤沢))。


大庭景能像


 必中必殺の源為朝の矢を受けて生き残った者は、景義のみだという伝説が残る。

 近くの宝生寺には、景義の持仏と伝わる阿弥陀三尊像が安置されている。


茅ヶ崎・宝生寺
宝生寺
懐嶋山の碑
懐嶋山の碑


鎌倉権五郎景政

相模の武将「大庭氏」

大庭城址







景能祭の碑
景能祭の碑
神明大神宮山王権現社
山王権現社

 「景能祭」は、2003年(平成15年)から行われている神事。
 碑の「景能祭」は鶴岡八幡宮宮司・吉田茂穂氏の揮毫。

景能霊の碑
大庭景能霊の碑
吾妻鏡の碑
吾妻鏡の碑

神明大神宮層塔
層塔
神明大神宮石塔群
石塔群

 層塔には、景義ゆかりの鶴岡八幡宮源平池、景義邸跡、景義の子景兼ゆかりの和田塚の三カ所の土を鶴岡八幡宮若宮でお祓いを受けて祀っているのだという。



〜 がん封じ 〜
(鶴嶺八幡宮と兄弟石)

神明大神宮のがん封じ
神明大神宮霊石

 「がん封じ」の霊石は鶴嶺八幡宮から勧請されたもの。
 鶴嶺八幡宮に祀られている霊石の両方をさすると病を癒す力が増すという。
 7月の「浜降祭」のときに「がん封じ」の祈祷が行われる。


鶴嶺八幡宮のがん封じ
鶴嶺八幡宮霊石


鶴嶺八幡宮
鶴嶺八幡宮



浜降祭
浜降祭


茅ヶ崎市:円蔵神明大神宮からの贈り物2016/12/09(okadoのブログ)

茅ヶ崎市:円蔵神明大神宮からの贈り物2015/12/14(okadoのブログ)

茅ヶ崎市:円蔵神明大神宮からの贈り物2014/12/24(okadoのブログ)

円蔵神明大神宮(茅ヶ崎市)からの贈り物(okadoのブログ)











神明大神宮
神明大神宮

神奈川県茅ケ崎市円蔵2282

JR東海道線「茅ヶ崎駅」から徒歩30分
バス「円蔵」下車


源頼朝をめぐる茅ヶ崎



源頼朝をめぐる・・・茅ヶ崎MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索