鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



鎌倉:浄土宗の寺

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 浄土宗の開祖は法然

 人々が、権力争い、殺し合いに加え、天変地異などの苦しさから逃れようと厭世的になっていた時代に起こったのが専修念仏の浄土宗(総本山知恩院)。

 法然は、「末世・末法の時代に住む罪深い人間は、阿弥陀如来の力にすがって救ってもらうしか方法がない。

 阿弥陀は罪深い人間を救うことを本願としているのだから、阿弥陀を深く深く信じ、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば阿弥陀の力によって極楽浄土にゆくことができる」と説いた。


法然
法然


 この簡単さが庶民に受け入れられ広まる一方で、厳しい戒律がなかったことから、信者や念仏僧の中にも風紀や秩序をやぶるような者が出てきたため、旧仏教の人々から非難されたときもあった。

 鎌倉では、二代将軍源頼家が真言宗を信仰していたので、念仏僧の黒衣がはぎ取られ焼き捨てられたりした。


源頼家の念仏禁止令・・・称念房の伝説(okadoのブログ)





延命寺
延命寺
(材木座)
安養院
安養院
(大町)

鎌倉・九品寺
九品寺
(材木座)
鎌倉・光明寺
光明寺
(材木座)

鎌倉・蓮乗院
蓮乗院
(材木座)
鎌倉・千手院
千手院
(材木座)

小坪・正覚寺
正覚寺
(逗子)
鎌倉・長谷寺
長谷寺
(長谷)

鎌倉大仏
高徳院
(長谷)
英勝寺
英勝寺
(扇ヶ谷)

鎌倉・称名寺
稱名寺
(今泉)
鎌倉・西念寺
西念寺
(岩瀬)

鎌倉・大長寺
大長寺
(岩瀬)
貞宗寺
貞宗寺
(植木)







知恩院
知恩院
(浄土宗総本山)


〜源智が造立した阿弥陀如来像〜

 法然の弟子源智が、法然の一周忌に際して造立した「木造阿弥陀如来立像」の胎内には、1212年(建暦2年)12月24日の日付のある「造立願文」とともに、後白河法皇、後鳥羽上皇、平清盛源頼朝など約46000人の姓名が記された「結縁交名帳」が収められていた。



宗派別鎌倉の寺

鎌倉の寺院一覧







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索