鎌倉手帳(寺社散策)

回 春 院
〜建長寺塔頭〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







建長寺回春院


 回春院(かいしゅんいん)は、第二十一世玉山徳旋(ぎょくさんとくせん)の塔所。

 本尊は文殊菩薩。

 本堂前の「大覚池」には大亀がいるとの伝説があり、別名「亀池」ともいう。

 開祖像のほか木造韋駄天像を安置する。

 回春院の裏山は十王岩へと通じ、約50穴からなる朱垂木やぐら群がある。





招寿軒
招寿軒

 作家葛西善蔵が宝珠院で暮らした際、三度の食事や晩酌の相手をしたのが招寿軒の娘浅見ハナ。

 小説『おせい』は、ハナがモデルとなった。

 回春院に善蔵の墓がある。


葛西善蔵の墓

「藝術院善巧酒仙居士」と刻まれた葛西善蔵の墓塔。


作家葛西善蔵と鎌倉(okadoのブログ)



回春院大覚池
大覚池

 昔から大亀が住んでいるといわれ、鎌倉七口の一つ亀ヶ谷坂は、大覚池の大亀が、この坂を上ろうとしたところ、あまりにも急で引き返したというところから、「亀返り坂」と呼ばれるようになり、そこから「亀ヶ谷坂」と呼ばれるようになったという伝説がある。


回春院:鎌倉市山ノ内67



 禅宗では、高僧の塔があるところを塔頭という。
 建長寺塔頭は、その繁栄時には49院を数えたが、現在は12の塔頭が残っている。


建長寺の塔頭







建長寺
建長寺

 建長寺は、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。
 臨済宗建長寺派大本山。
 鎌倉五山の第一位。


鎌倉市山ノ内8
0467(22)0981

JR北鎌倉駅から徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

ヒガンバナ 腰越みなとまつり
秋の施設公開 光明寺お十夜