鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



西 来 庵
〜建長寺塔頭:開山塔〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







建長寺西来庵


 西来庵(せいらいあん)は、建長寺の開山蘭渓道隆(大覚禅師)の塔所。

 道隆の示寂(1278年(弘安元年))後間もなくの創建とされる。

 昭堂(国重文)・開山堂・食堂(本堂)・坐禅堂からなる。

 開山堂には木造蘭渓道隆像が安置され、背後には蘭渓道隆の墓(大覚禅師塔)と円覚寺開山無学祖元の墓がある。

 ※円覚寺第四世桃渓徳悟(とうけいとくご)の代より、円覚寺の僧が道隆の年忌を行っていたといわれている。





建長寺嵩山門
嵩山門

 「嵩山」の額が掲げられた山門は薬医門。

 この門の奥が建長寺の最高聖地「西来庵」。


西来庵中門
中門

 中門は、仏殿唐門とともに芝増上寺の徳川二代将軍秀忠夫人(崇源院)の霊廟から移築されたもの(県有形文化財)。


蘭渓道隆
蘭渓道隆

 蘭渓道隆は、宋の禅僧で1246年(寛元4年)33歳のときに来日。

 京都で数年過ごした後、鎌倉に下向し、五代執権北条時頼の帰依をうけた。

 1253年(建長5年)、建長寺の開山に迎えられる。

 頂相「蘭渓道隆像」、指導書「法語規則」は国宝。


建長寺の国宝〜法語規則と蘭渓道隆像〜(okadoのブログ)



〜蘭渓道隆の墓と木造像〜

 道隆は、1278年(弘安元年)7月24日、建長寺で没している。

 没後、後宇多天皇より「大覚禅師」の号を賜った。

 大覚禅師塔は安山岩製の無縫塔(卵塔)で、和様化された無縫塔の最古品といわれる(国重文)。


大覚禅師塔
大覚禅師塔


 「木造蘭渓道隆坐像」は、鎌倉時代の作で像高62.1p。道隆の没年前後の作で、慶派仏師の手によるものと考えられている(国重文)。



 禅宗では、高僧の塔があるところを塔頭という。
 建長寺塔頭は、その繁栄時には49院を数えたが、現在は12の塔頭が残っている。


建長寺の塔頭






建長寺
建長寺

 建長寺は、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。
 臨済宗建長寺派大本山。
 鎌倉五山の第一位。


鎌倉市山ノ内8
0467(22)0981

JR北鎌倉駅から徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索