鎌倉手帳(寺社散策)

鳥山八幡宮
佐々木高綱館の跡

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







鳥山八幡宮


 鎌倉幕府の御家人佐々木高綱の館は、鳥山八幡宮付近にあったといわれている。

 高綱は、近江源氏・佐々木秀義の四男。

 秀義の子定綱・経高・盛綱・高綱は、佐々木四兄弟として知られ、1180年(治承4年)の源頼朝挙兵に参じて活躍している。


 佐々木秀義は、源義朝に味方した平治の乱で敗れて奥州へと逃れる途中、相模国で渋谷重国に匿われ、以後20年にわたって重国の保護を受けていたと伝えられている。





〜宇治川の先陣争い〜

 源頼朝から、「生食」(いけづき)という名馬を賜った佐々木高綱と、同じく「磨墨」(するすみ)という名馬を賜った梶原景季は、宇治川の戦いで先陣を争った(1184年(寿永3年))。

 前方を行く景季に対し、高綱は「馬の腹帯がゆるんでいるから、おしめなされ」と声をかけ、景季が腹帯を締め直している間、高綱は先に川の中に馬を乗り入れ、向こう岸へと渡り、先陣の名乗りをあげたのだという。


宇治川先陣の碑
宇治川先陣の碑
(宇治市)

池月像
池月の像
(東京大田区)
磨墨像
磨墨像
(東京大田区)







〜息子の死を予言した高綱〜

 出家して高野山に入っていた高綱は、1203年(建仁3年)10月、高野山を下り、比叡山の堂衆追討に赴く、兄経高、盛綱と子の重綱に会っている。

 その時、我が子の戦支度を見た高綱は、「山地戦に見合った格好ではなく、死を免れることはできない」と、息子の討死を予言したという。

 その予言どおり、重綱は、この追討戦で戦死した。



〜日露戦争の英雄乃木希典〜
(乃木将軍)

 日露戦争で旅順要塞を攻略し、日露戦争の英雄として讃えられ、学習院院長を勤めた乃木希典(乃木将軍)は、高綱の次男・野木光綱の末裔だと伝えられている。

 光綱は、父高綱、兄重綱を亡くした後、叔父佐々木義清の猶子となって出雲国に住し、野木氏の祖となった。

 毛利氏に仕えた乃木氏は、野木氏の末裔だとされ、のちに、その一族から乃木希典が出たのだという。 


〜明治天皇の死に殉じた乃木将軍〜



馬頭観音堂
馬頭観音堂

 高綱が源頼朝から賜った名馬「生食」は、鳥山の地で余生を過ごしたという。

 高綱は、「生食」の霊を慰めるために駒形明神を建てたというが、今はなく、その代わりに馬頭観音堂が残されている。

 鳥山八幡宮から徒歩5分程度。



三会寺
三会寺

 鳥山の三会寺(さんねじ)は、源頼朝が高綱に命じて建立させたと伝えられている。











鳥山八幡宮
鳥山八幡宮

横浜市港北区鳥山

JR横浜線「小机駅」から徒歩10分程度



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉アジサイの名所 2018鎌倉アジサイ情報
夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鎌倉夏まつり