鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝の容姿
〜顔がでかくて美しく背が低くて雅〜

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







伝源頼朝坐像
伝源頼朝像
東京国立博物館


 東京国立博物館に収蔵されている源頼朝像は、鶴岡八幡宮白旗神社に安置されていたものと伝えられています。

 1590年(天正18年)、「鶴岡八幡宮を詣でた豊臣秀吉は頼朝像を撫でながら天下を語った」という逸話が残されていますが、秀吉の相手をしたのがこの像なのでしょうか・・・。


源頼朝木像
源頼朝木像
甲斐善光寺


 甲斐善光寺武田信玄上杉謙信との戦いの際に、信濃善光寺の本尊・善光寺如来をはじめとする寺宝を山梨郡板垣郷に移したことに始まります。

 頼朝像もそのときに持ち込まれたものなのでしょう。

 信濃善光寺は、1179年(治承3年)に焼失後、頼朝がその再建を援助しました。

 したがって、善光寺に頼朝像があっても不思議なことではありません。

 ただ、東京国立博物館の像と比べると、ちょっと雰囲気が違うようです。

 頼朝は、いったいどのような顔をしていたのでしょうか。


源頼朝木像
伝源頼朝像
神護寺

 神護寺の源頼朝像を観るとさらにわからなくなりますが・・・。


 『源平盛衰記』は頼朝の容姿について・・・

 「顔が大きく、背が低い」

 「顔立ちは、美しく、姿は、おくゆかしく雅である」

 と紹介しています。

 なるほど・・・

  「顔がでかくて美しく背が低くて雅」ということのようです。 。







鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
神護寺
神護寺

信濃善光寺
信濃善光寺
甲斐善光寺
甲斐善光寺







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索