アカガシと亀


 旧家の広い庭に、瓢箪型の池があった。用水路から引かれた水が、音もなく流れ込み、水面に小さな渦が捲いていた。その池の真ん中で、ぽっこりと甲羅が浮きあがると、水面から亀の頭が突き出た。
亀が池の周囲をゆっくりと見渡すと、若いアカガシの木に眼を留め、口をひらいた。
「最近元気ないけど、どうしたの?」
「・・・・・」
「もしよければ、話してみてくれないか?」
「ぼくは・・・大木になるはずの木なんだ。だけど、ぼくの頭のすぐ上にケヤキの大木があって・・・これ以上伸びることができないんだ。」 それを聞くと、亀は頭を水中に沈め、前後の手足を掻いて重い体をゆっくりと進め、岸にたどり着くと、再び頭を持ち上げて口をひらいた。
「つまり、ケヤキが枯れない限り、きみは今のままだってことか。でも、上に伸びるだけが、最高の人生とは限らないだろう。上を諦めて、横に張り出したらいいじゃないの」
「たしかに、それは簡単なことさ。だけど、安易に横道に逸れてしまうと、もう大木になることは無理だよ。若いうちは、まっすぐに成長することが必要なんだ」
そう言うと、アカガシは溜息をついて黙り込んだ。亀は池からはい上がると、草の上をのそのそと歩いて、アカガシの根元までやってきた。
「きみの気持ちは分からないでもないよ。確かに空を見上げて、上を目指すのも素晴らしいと思う。でも、わたしなんか、いつも地べたばかり這いずり回っていますけどね。上も横もダメなときは、下を見てごらんよ」
 アカガシが黙って聞いていると、亀は諭すように話した。
「下の世界も捨てたもんじゃないよ。ほら、このスミレをみてごらん。庭の外の世界を見ることなんか一生できないけれど、こんなにきれいな花を咲かせて、近くのみんなを喜ばせている。ケヤキを恨めしく見上げてばかりいないで、他の世界も知ってごらんよ。上の世界も下の世界も、たいして変わりがないことに気づくと思うよ」
 しばらく考え込んでいたアカガシが、ようやく口をひらいた。
「ぼくは、横に逸れずに、今まで通り上を目指すことはやめたくない。でも、きみのいう通り、他の世界のことも知りたいと思う・・・」
それを聞いた亀は、首を伸ばしてアカガシにやさしく微笑むと、のっそりと池へと引き返し、ドボンと飛び込んだ。