今月の一枚

           

            街の灯


 

          



    チャップリンの代表作の一つである。盲目の少女に恋をした貧し

   い青年が、少女の目が見えるようにと治療費を稼ぐために、様々

   な仕事に就く。喜劇なのだから、面白おかしく進むのだが、何とか

   お金をためて少女は手術を受け、目が見えるようになる。しかし、

   その時、その青年はすでに少女のもとを去っていた。

    ある日、青年は、花屋に働く少女を遠目で見ていた。自分の貧し

   さを知られたくないため、名乗ることもできないが、思い余って花

   屋へ入ってしまい、薔薇の花を一本買う。少女がお釣りを渡そうと

   して、その青年の手に触れたそのとき、かつて少女を支えてくれ、

   目を見えるようにしてくれた男性だったと気づく。それを知られてし

   まった青年は、恥ずかしそうにその薔薇を口にくわえ、きまり悪そ

   うに微笑む。そのシーンで映画は終わる。

    当時のある映画評論家は、このチャップリンのはにかんだ笑顔

   を、史上最高の瞬間であると褒め称えた。