今月の一枚


            谷内六郎




          


    昭和初期、東京恵比寿で9人兄弟の6男として生まれ、見習い工

   員などしながら独学で絵を学んだ。1955年、「おとなの絵本」で文

   芸春秋漫画賞を受賞し、翌年から週刊新潮の創刊号から表紙絵

   を長く担当した。当時、心を病んでおり、この受賞を聞いたときは、

   うれしさのあまり、自分の腕を切りつけてしまったという。

    彼の絵は、独特である。いわゆる心象風景を描き、スケッチ等は

   一切しない。自分の幼いころにある記憶の引き出しから、さまざま

   なものを組み合わせて絵が出来上がっていく。

    幸せそうな絵を描く画家は山ほどいるが、大半はつまらない。そ

   んな絵は、幸せそうな明るい色ばかりを使い、みんな幸せそうに

   微笑んでいる。幸せというのは、哀しみの対極にあるものである。

   その対比を上手く表現してこそ、幸せになれる絵だと感じることが

   できる。彼の幸せは、哀しみの風景の中に灯された小さな明かり

   のように、しみじみと心に伝わってくる。