トップページ>リンク



〜読書活動研究〜


− お知らせ −

第10回講習会が2014/9/14(日)に決定しました。
会場は,キャンパスプラザ京都
(京都市大学のまち交流センター第4講義室)
ですので,日程などと合わせてこちらをご確認ください。
(PDFファイルの案内はこちらです)

今回初めて参加される方は「
Step1 会員登録」から,
登録作業をお願いします。
前回すでにご登録いただいた方
Step2 参加申込」へお進みください。

Step1: 会員登録はこちらから

Step2: 参加申込はこちらから

会員登録をしていない方の参加申込は受理できません




全国読書活動研究会−児童書を読もう・児童書で学ぼう−
研究会参加へのご案内


               全国読書活動研究会
        会長 京都女子大学発達教育学部・大学院発達教育学研究科教授 井上 一郎
 読書活動について,以下のような著作においてその必要性と重要性を提言してきました。

 □『読者としての子どもと読みの形成』1993
 □『読者としての子どもを育てる文学の授業』1995
 □『多様な読みの力を育てる文学の指導法』1998
 □『くどうなおこと子どもたち』2001
 □『文学の授業力をつける』2002
 □『読書力をつける−読書活動のアイデアと実践例16−』2002
 □『読む力の基礎・基本−17の視点による授業作り−』2003
 □『ブックウォークで子どもが変わる』2005
 □『読解力を伸ばす読書活動−カリキュラム作りと授業作り』2005
 □『読解力を伸ばす授業モデル集』2005
 □『言語活動例を生かした授業展開プラン』2010
 □『学校図書館改造プロジェクト』2013


 この間には,PISAの読解リテラシー低下への対応,国語力向上への取組,そして,新学習指導要領における言語活動の充実といった大きな動きがありました。神戸大学教師,文部科学省教科調査官として,長年これらの課題に取り組むとともに,学校図書館活動などの推進に関する提言もしてきました。また,読解力1位となったフィンランド,読解力向上に取り組むイギリスやアメリカの海外視察報告も行ってきたところです。全国的な読書感想文コンクールの中央審査委員も務め,現代の児童の読書実態もよく分かります。

 これらの経験から,学校教育においては読むことの領域における改善が遅れていること,家庭にあっては読書習慣が定着していないことなどを実感してまいりました。大人が児童書をよく読むこと,何よりも現場の先生方にじっくり児童書を読んでいただく機会を設けることが必要であること,また本を読むことだけでなく,読者として本に積極的に働きかけることが必要であること,またその能力の育成が重要であると感じてきました。「読書活動」という表現が重要であることの所以でもあります。そこで,全国的な立場で読書活動に関する研究を行う研究会を設立しました。

 主な活動は,以下の通りです。

 1 文学及び科学にわたる児童書を読む方法について,指導,助言,研究する。 
 2 読書活動の具体的な展開の方法について,指導,助言,研究する。 
 3 読書活動を推進する講習会,講演会,研究大会等を開催する。
 4 読書活動を推進する人々と連携し,子どもの豊かな読書生活の構築を図る。

 研究会名を「全国読書活動研究会」とし,副題として「児童書を読もう・児童書で学ぼう」とします。児童書とするのは,文学と科学の本全体にわたって本を読むこと,児童・生徒すべての子どもたちが豊かな読書生活が送れるようにしたいとの願いからです。研究会は定例で行います。多くの方が,趣旨に御賛同いただき,研究会員として,あるいは,研究会主催の講習会に御参加くださることを願っております。また,派遣に関しまして御高配頂きますようよろしくお願いします。

※ 研究会の趣旨のダウンロード(PDF)はこちらから
※ 会員登録はこちらから



┌───────────────────────────────────┐
│第10回 全国読書活動研究会の案内 │
│研究主題:ファンタジーを読もう―短編と長編―│

│主催 全国読書活動研究会│
│−児童書を読もう・児童書で学ぼう− │
└───────────────────────────────────┘

(1) 13:15〜14:45 【研究課題1】 短編ファンタジーの読み方・味わい方

 教科書には,多様なファンタジーが収録されています。短編一作品であるものや,短編集の一作品が収録されたもの等があります。原作からみると,絵本だったり,物語集だったりと出典も多様です。収録されていないものを含め,これらの作品を一緒に読みながら,短編ファンタジーの読み方,味わい方を考えましょう。実践報告も,していただく予定です。

 【持参物】 
 ★教科書収録作品もしくは収録されていないファンタジー作品を一冊以上持参してください。

(2) 15:00〜16:45
 【研究課題2】 長編ファンタジーの読み方・味わい方
現代に生まれた長編ファンタージの代表である『ハリーポッター』シリーズ。これらを入り口に,長編ファンタジーの読み方・味わい方を考えましょう。短編と長編の相違や楽しみ方を明確にし,子どもたちにもブックトークできるようにしましょう。

 【持参物】 
 ★シリーズ第1巻『ハリーポッターと賢者の石』J.K.ローリング,静山社

 【研究課題3】 研究課題1及び2の中で,感想文や書評の書き方について講習します。




 全国読書活動研究会は,先生方は勿論,学校図書館の関係者,司書,ボランティアなどを行っている保護者の方,本を愛する方ならどなたでも御参加いただけます。これまでの研究会でも,関東,中国地方,四国,九州などから広く参加いただいています。優しく,かつ易しく,本の読み方及び読ませ方などを講習・協議しますので,奮って御参加ください。


1 主催:全国読書活動研究会  

2 日時:平成26年9月14日(日) 13:15〜16:45

3 会場:キャンパスプラザ京都
    (京都市大学のまち交流センター第4講義室)
 〒600-8216 下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939番地
 TEL:075-353-9111(問い合わせは,講座事務局ホームページへ)
 交通:JR「京都」駅から徒歩3分。
    京都タワー側に出て,すぐ左へ。
    中央央郵便局と伊勢丹の間の道路をビックカメラ店まできたら
    その向かいにある建物が「キャンパスプラザ」です。
   URL:http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585

4 内容
13:00 受 付 会場に直接おいで下さい。
13:15 協議 【研究課題1】短編ファンタジーの読み方・味わい方
14:45 休憩
15:00 協議 【研究課題2】長編ファンタジーの読み方・味わい方
【研究課題3】研究課題1及び2の中で,感想文や書評の書き方について講習します。
16:45 閉 会 会場で解散します。

5 講師:井上一郎
  奈良教育大学助教授,神戸大学教授,
  文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官
  兼国立教育政策研究所教育課程調査官・学力調査官を経て,
  現京都女子大学発達教育学部・大学院教授。

6 参加者:90名程度

7 参加費:3,000円

8 申し込み方法:
  Step1: こちらから 会員登録 を済ませてください。
   ↓
  Step2: こちらから 参加申込 をしてください。

  定員になり次第締め切ります。経過は読書研のホームページで報告します。
  もし,定員に達していない場合は,当日申し込みを受け付けます。
  お早めにお申し込みくださるようにお願いします。


※ 会員登録(及び参加申し込み)はこちらから



Copyright(C) Kokugo Kyoiku Conference - All rights reserved.