鎌倉手帳(寺社散策)

龍口法難会
〜藤沢片瀬:龍口寺〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







龍口法難会


 龍口寺で行われる「龍口法難会」は、9月11日〜13日。

 特に盛り上がりをみせるのは12日の夜。

 境内には露店が建ち並び、万灯が奉安され、法要が終わると名物の「ご難ぼたもち」(難除けぼたもち)が堂内にまかれます。

 土のついた「ぼたもち」ほど、宗祖日蓮のご利益にあずかれると伝えられてきました。

 1271年(文永8年)9月12日、幕府の勘気にふれて捕らえられた日蓮は、裸馬に乗せられて龍ノ口刑場へと護送されますが、老婆(桟敷の尼)が護送される日蓮に「ゴマ入りのぼたもち」を捧げたところ、奇跡的に処刑を免れたという伝説が残されています。


ご難除ぼたもち
ご難ぼたもち


ご難ぼたもちの伝説〜日蓮の龍ノ口法難〜(okadoのブログ)





11日

午後2時 仏舎利塔供養


12日

午後6時 ぼたもち供養大法要
難除けぼたもちまき
午後7〜9時 万灯練り供養


13日

午前0時 ぼたもち供養音楽大法要
難除けぼたもちまき



万灯練り行列
万灯練行列

 12日の宵から夜半にかけては「南無妙法蓮華経」の大合唱。

 宝塔を造花で飾った万灯は、日蓮が亡くなるときに、庭の桜が季節はずれの花を咲かせたという故事にちなむものです。


龍口法難会
うちわ太鼓
露店
境内に並ぶ露店


龍口法難会
ぼたもち供養大法要







龍ノ口刑場跡
龍ノ口刑場跡



日蓮像
鎌倉と日蓮

 日蓮は、1253年(建長5年)に法華宗を開き、翌年、鎌倉に出て、布教を開始します。

 小町大路を中心に辻説法を行い、1260年(文応元年)7月16日には『立正安国論』を著し、北条時頼に提出しました。

 ※写真は池上本門寺蔵。


〜日蓮の四大法難〜

松ヶ谷法難 伊豆法難

小松原法難 龍ノ口法難





龍口法難会・常栄寺
常栄寺の法難会
龍口法難会・妙本寺
妙本寺の法難会



龍口法難会
龍口寺

 龍口寺は、日蓮龍ノ口法難の霊跡に建てられた寺。
 本堂には、龍ノ口法難の際に日蓮が敷いていた敷皮が安置されている。


藤沢市片瀬3−13−37
0466-25-7357

江ノ電江ノ島駅から徒歩5分






鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭
かまくら長谷の灯かり 夏:江の島