鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



閻魔縁日
〜鎌倉:圓應寺〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







閻魔縁日


 1月16日と8月16日は、圓應寺の「閻魔縁日」。

 この日は、地獄のふたが開き、全ての餓鬼が解放される日。

 「餓鬼」は、仏教の死後の世界「六道」の一つで、餓えと渇きに苦しむ所といわれています。

 閻魔大王は餓鬼の主。

 圓應寺は、由比ヶ浜にあった新居閻魔堂が移された寺で、死後に出会う十王が祀られています。


時間等につきましては、鎌倉市観光協会又は圓應寺にご確認ください。





閻魔縁日 閻魔縁日

 昔から「新居の閻魔さま」といえば、圓應寺の「閻魔縁日」といわれてきました。
 8月16日の閻魔縁日では、施餓鬼法要も行われます。



圓應寺


 圓應寺閻魔大王像は、運慶作と伝えられ、運慶が笑いながら彫ったので、閻魔像も笑っているように見えることから「笑い閻魔」と呼ばれています。

 また、赤ちゃんの名を付けてもらうと、丈夫に育つということから「子育て閻魔」とも呼ばれています。

 閻魔縁日には、子どもの成長祈願をする参拝者も多くいます。

 圓應寺の十王のうち、初江王坐像は、宋風を加味した鎌倉地方様式の代表作で国の重要文化財に指定され、現在は鎌倉国宝館に寄託されています。


運慶〜鎌倉の武家政権と仏師運慶〜(okadoのブログ)

笑い閻魔と運慶〜鎌倉:圓應寺〜(okadoのブログ)

鎌倉の地蔵信仰・・・地蔵祭・黒地蔵縁日・閻魔縁日(okadoのブログ)


鎌倉:新年イベントマップ







圓應寺
圓應寺

鎌倉市山ノ内1543
0467(25)1095

北鎌倉駅から徒歩15分





鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索