鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



府中:高安寺

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







府中:高安寺


 高安寺は、藤原秀郷の居館跡に建てられた見性寺を始まりとする。

 暦応年間(1338−1341年)に足利尊氏が高安護国禅寺として再建。

 後醍醐天皇元弘の乱以来の内乱による戦没者を弔うため、全国66ヶ国と2島に建立した安国寺の一つとして中興した。

 開山は建長寺の大徹心悟。

 室町幕府の保護により栄え、往時は塔頭10・末寺75に達したというが、鎌倉公方足利氏満満兼持氏成氏が陣を敷き、その後も上杉氏後北条氏によって軍事的に利用され次第に衰退していった。

 慶長年間(1596−1615年)、青梅海禅寺の末寺となり、曹洞宗に改められ再興され、現在に至っている。

 現在の本堂は1803年(享和3年)の再建。「等持院」の扁額は、足利尊氏の法嗣名(参考:足利尊氏の墓(鎌倉:長壽寺))。


開基 足利尊氏
開山 大徹心悟
本尊 釈迦牟尼如来
(文殊、普賢の三尊仏)



高安寺山門
山門
高安寺鐘楼
鐘楼


高安寺観音堂
観音堂


高安寺秀郷稲荷
秀郷稲荷大明神
高安寺弁慶硯の井戸
弁慶硯の井戸





歴史めぐり源頼朝



府中:高安寺
高安寺

東京都府中市片町2−4−1

京王線・JR南武線「分倍河原駅」より徒歩7分



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索