鎌倉手帳(寺社散策)

釈迦の誕生日
(花まつり)


岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







花御堂


 4月8日は仏教の開祖釈迦の誕生日。

 「花まつり」は、釈迦の誕生日を祝う法会です。

 「降誕会」・「仏誕会」・「灌仏会」とも呼ばれています。

 釈迦が誕生したとき、天から竜が下りてきて、香湯の中に入浴させたという言い伝えから、各寺では、花御堂の中に甘茶を入れた水盤を置き、その中に釈迦像(誕生仏)を安置して入浴させます。

 一般的に「花まつり」の名で親しまれています。

 「花まつり」という名称は、グレゴリオ暦が導入された後の4月8日が「桜の季節」であることによります。

 浄土真宗の相安藤嶺丸によって提唱されたそうです。





建長寺の花まつり
建長寺花まつり
長谷寺の花まつり
長谷寺花まつり

 極楽寺では、花まつりの日に忍性墓の特別公開があります。

 建長寺では鎌倉市仏教会の灌仏会も執り行われます。


鎌倉まつり
 鎌倉市仏教会の灌仏会は鎌倉まつりの協賛行事



〜天上天下唯我独尊〜

 釈迦は、生まれてすぐに7歩あるき、「天上天下唯我独尊」と言ったと伝えられています。

 花御堂の中の誕生仏は、その誕生の様子をあらわしているそうです。

 花まつりでは、誕生仏に甘茶を灌いでお祝いします。


誕生仏
天上天下唯我独尊
(誕生仏に甘茶をかけてお祝い)



〜悟りをひらいた釈迦〜

 釈迦は29歳で出家。

 6年間の苦行の末、35歳の時に菩提樹の下で悟りをひらきます(12月8日:成道会)。

 そして、80歳で亡くなったのだといいます(2月15日:涅槃会)。


建長寺釈迦苦行像
釈迦苦行像
(建長寺)
涅槃会
涅槃会







春旅鎌倉


鎌倉の桜

鎌倉イベント



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索