鎌倉手帳(寺社散策)

初 午 祭
〜鎌倉:丸山稲荷社 佐助稲荷神社〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







 「初午祭」は、春の農作業開始の前に、その年の豊作を祈願する神事です。

 稲荷は、古くより農耕の神として信仰されてきましたが、今日では、商運祈願の参詣者も多くみられます。

 もとは、旧暦2月の初午の日に行われていましたが、この頃は、新暦2月の「初午の日」となっていますので、季節感は少々違うかもしれません。


2018年の初午祭は・・・
2月7日





丸山稲荷社初午祭
丸山稲荷社初午祭

佐助稲荷神社初午祭
佐助稲荷神社初午祭


〜農業の神〜

 相模地方の農家は、その多くが屋敷内に稲荷社を建て、初午の日には、赤飯、油揚げ、イワシを供える風習があったそうです。

 今でもそういった風習があるのかもしれません。


湘南のお稲荷さん
(鵠沼伏見稲荷神社)


農地利用と農業経営
農地制度



〜2月の初午の日〜

 稲荷大神が顕れたのが711年(和銅4年)2月7日の「初午の日」だったことから、稲荷神社の「初午祭」が生まれたと伝えられています。

 ※全国総本社の京都伏見稲荷大社が鎮座した日。


伏見稲荷大社
伏見稲荷大社


※稲荷神社は全国で一番多い神社です。



〜初午いなり〜

 初午の日には、「いなり寿司」を食べる風習があります。

 稲荷神のお使いである狐が、油揚げが好物であるという言い伝えから「いなり寿司」を食べるのだとか・・・。


北鎌倉:光泉
光泉のいなり寿司
(北鎌倉)

鎌倉:はんなりいなり
はんなりいなり
(食べ歩きいなり寿司)







鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉まつり 鎌倉:梅の名所
鎌倉桜情報 春旅・鎌倉


カスタム検索