鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 信濃善光寺



達谷窟毘沙門堂
〜奥州・平泉〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







達谷窟毘沙門堂


 達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわや)は、801年(延暦20年)、征夷大将軍・坂上田村麻呂が蝦夷討伐(えみし)を記念し、東西の長さ約150メートル、最大標高差およそ35メートルの岸壁下方の岩屋に建てた懸造の堂。

 前九年、後三年の役の折には、源頼義義家が戦勝祈願のために寺領を寄進し、奥州藤原氏の祖清衡、二代基衡は七堂伽藍を建立したと伝えられている。

 1189年(文治5年)、奥州征伐を行った源頼朝は、その帰路、毘沙門堂を参詣している。

 『吾妻鏡』によると、達谷窟は、悪路王と赤頭が砦を構えていた岩屋。

 賊徒を討ち取った坂上田村麻呂は、この岩屋の前に九間四面の堂を建て、鞍馬寺を模して多聞天(毘沙門天)を祀り、西光寺と名付け、維持の為の年貢用の水田を寄付したという。また、堂は清水寺舞台を模して造られたのだという。

 参考までに、坂上田村麻呂が討ち取った悪路王は、蝦夷の指導者・アテルイだとする説がある。 


アテルイ・モレの碑
アテルイ・モレの碑
(京都:清水寺)



源義家の磨崖仏
岩面大仏
岩面大仏
八臂弁財天
達谷窟毘沙門堂・弁天堂
蝦蟇ヶ池弁天堂

伝説の不動尊
達谷窟毘沙門堂・不動堂
姫待不動堂





達谷窟毘沙門堂


 達谷窟毘沙門堂は、度重なる火災によって焼失するが、その都度、再建されてきた。

 現在の建物は1961年(昭和36年)の再建。

 内陣の奥には、1615年(慶長20年)、伊達政宗より寄進された厨子が安置され、慈覚大師作と伝えられる吉祥天、善膩師童士が秘仏として納められている。

 次の開帳は2042年。







歴史めぐり源頼朝



達谷窟毘沙門堂
達谷窟毘沙門堂

岩手県西磐井郡平泉町平泉字北沢16

JR平泉駅から約6キロ(車で約10分)


奥州平泉
奥州藤原氏の栄華〜平泉〜



〜平泉・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地


カスタム検索