鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 信濃善光寺



奥 州 平 泉
〜藤原氏の栄華〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







初代清衡
中尊寺金色堂
中尊寺
二代基衡
毛越寺
毛越寺


 奥州藤原氏は、清衡・基衡・秀衡の三代、約100年にわたって栄華を極めます。

 初代清衡は、前九年、後三年の役で犠牲となった者の霊を敵味方なくなぐさめ、仏の教えによる平和な理想社会である「仏国土」を実現するため中尊寺を建立しました。

 清衡の遺志を引き継いだ二代基衡は、毛越寺の造営に着手、三代秀衡のときに完成しています。基衡の妻は観自在王院を創建しました。

 秀衡の代になると、政庁の平泉館が整備され、無量光院が創建されます。
 また、秀衡は、源頼朝から追われ平泉に逃げ込んだ源義経を庇護しました。

 しかし、秀衡の死後、四代泰衡は、頼朝の圧力に屈し、衣川館義経を襲撃して自刃に追い込みます(1189年(文治5年)閏4月30日)。

 間もなく、平泉は頼朝に攻められ、泰衡は平泉館を焼いて北方へと逃れますが9月3日、家臣の裏切によって殺害されてしまいます(奥州藤原氏の滅亡)。

 藤原氏四代の遺骸は、中尊寺金色堂に納められています。


二代基衡の妻
観自在王院跡・舞鶴が池
観自在王院跡
三代秀衡
無量光院跡
無量光院跡







〜『吾妻鏡』が伝える奥州藤原氏三代〜

 1189年(文治5年)9月23日、平泉館を焼き払い北方へ逃げた泰衡を追って厨川にいた源頼朝は、平泉に戻ると無量光院を参詣しています。

 案内人の清原実俊は、奥州藤原氏三代について以下のように説明しています。

 清衡は、継父・清原武貞(鎮守府将軍の清原武則の子)亡き後、奥六郡(伊澤、和賀、江刺、稗貫、志波、岩井)を伝領し、嘉保年中(1094−1095)頃に江刺郡豊田館を平泉に移して宿館とし、三十三年後に亡くなりました。

 陸奥と出羽の両国には、一万余の村があり、村ごとに寺院を建て、その燈明用の油代のための水田を寄付しました。

 基衡は、父を超える財福となって両国を官領し、三十三年後に亡くなりました。

 秀衡は、絶えすたれた寺院を再興しました。

 鎮守府将軍となってからは、官職も父や祖父を越えて、その栄耀は子弟にも及びました。
 三十三年を経て亡くなりました。

 この99年間に、建築された寺院や堂塔は、幾千万か数え切れません。


柳之御所遺跡
柳之御所遺跡
平泉・伽羅御所
伽羅御所跡

柳之御所は、奥州平泉の政庁。

伽羅御所は、三代秀衡、四代泰衡の居館



源義経と妻子終焉の地
高館義経堂
衣川館
(高館義経堂)

平泉・金鶏山
金鶏山
達谷窟毘沙門堂
達谷窟毘沙門堂

金鶏山は、数々の伝説が残された信仰の山(世界文化遺産)。
達谷窟毘沙門堂は、奥州征伐の帰路、源頼朝が参詣したという堂。







歴史めぐり源頼朝




〜平泉・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地


カスタム検索