鎌倉手帳(寺社散策)

奥州平泉・毛越寺

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







平泉毛越寺


 毛越寺(もうつうじ)は、850年(嘉祥3年)、円仁 (慈覚大師) によって開かれたと伝えられる天台宗の寺院。

 本尊は薬師如来、脇侍は日光菩薩・月光菩薩。山号は医王山。

 奥州藤原氏二代基衡、三代秀衡によって多くの伽藍が造営され、往時には堂塔40、僧坊500を数えたという。

 1189年(文治5年)、源頼朝奥州征伐によって奥州藤原氏が滅亡した後は、鎌倉幕府の保護を受けていたが、度重なる災禍によって荒廃し、1636年(寛永13年)には、本尊の釈迦三尊が伊達政宗の菩提寺・瑞鳳寺(宮城県仙台市)に遷された。 

 2011年(平成23年)、「平泉〜仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群〜」の構成資産として世界文化遺産に登録されている。





平泉毛越寺
毛越寺伽藍復元図

現在は、大泉が池を中心とする浄土庭園と平安時代の伽藍遺構がほぼ完全な状態で保存されている。



毛越寺本堂
本堂
毛越寺南大門跡
 南大門跡
(金堂の門)


毛越寺大泉が池
大泉が池
(浄土庭園)
毛越寺開山堂
開山堂
(慈覚大師を祀る堂)


毛越寺・嘉祥寺跡
嘉祥寺跡
(金堂と並ぶ大寺)
毛越寺講堂跡
講堂跡
(金堂と一体的だった)


毛越寺・金堂円隆寺跡
 金堂円隆寺跡
(毛越寺の中心伽藍)


毛越寺・遣水
遣水
(曲水の宴)
毛越寺常行堂
常行堂


平泉毛越寺
大泉が池



平泉毛越寺
芭蕉句碑

 1689年(元禄2年)、奥州平泉を訪れた松尾芭蕉は、1189年(文治5年)閏4月30日、藤原泰衡に襲撃され、衣川館で妻子とともに自害した源義経を偲び、「夏草や 兵共が 夢の跡」 と詠んだ。



吾妻鏡が伝える奥州平泉の毛越寺(okadoのブログ)

松尾芭蕉のおくのほそ道・・・平泉(okadoのブログ)






歴史めぐり源頼朝



平泉毛越寺
毛越寺

岩手県平泉町字大沢58

JR平泉駅から徒歩7分程度


奥州平泉
奥州藤原氏の栄華〜平泉〜



中世歴史めぐり

カスタム検索