鎌倉手帳(寺社散策)

中尊寺・大長寿院
〜平泉〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







中尊寺・大長寿院


 大長寿院(西谷坊)は、中尊寺の塔中(支院)の一つ。

 1107年(嘉承2年)、藤原清衡が創建した阿弥陀堂をその始まりとしている。

 『吾妻鏡』によれば、二階大堂(大長寿院と号す)の高さは五丈(約15メートル)、本尊は三丈(約9メートル)の金色の阿弥陀像、脇には丈六(約4.8メートル)の阿弥陀像九躰が安置されていたという。

 1189年(文治5年)、奥州征伐の折に二階大堂を見た源頼朝は、鎌倉に、これを模した永福寺を建て、奥州藤原氏と源義経の霊を弔った。

 現在の本堂は、1863年(文久3年)の再建。

 本尊は胎蔵界大日如来。



大長寿院本堂

 大長寿院は、経蔵、弁財天堂、関山天満宮の別当寺。

 経蔵に納められていた「中尊寺経」(国宝)や、安置されていた文殊五尊像 (国重文) は大長寿院蔵。


吾妻鏡が伝える奥州平泉の中尊寺(okadoのブログ)






歴史めぐり源頼朝



中尊寺本堂
中尊寺

 中尊寺は奥州藤原氏の栄華を伝える寺院。
 2011年(平成23年)、「平泉〜仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群〜」として世界文化遺産に登録されている。


岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

JR平泉駅から徒歩25分程度



奥州平泉
奥州藤原氏の栄華〜平泉〜



中世歴史めぐり

カスタム検索