鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 信濃善光寺



中尊寺金色堂
〜平泉〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







中尊寺金色堂


 中尊寺の金色堂は、中尊寺に現存する唯一の創建時の遺構で、棟木の銘から、藤原清衡が1124年(天治元年)に創建したものと考えられている(国宝)。

 堂内には、中央壇、右壇、左壇の須弥壇が置かれ、それぞれに阿弥陀三尊像、地蔵菩薩立像(六地蔵)、二天像(持国天、増長天)が配されている(国宝)。

 『吾妻鏡』は、金色堂は建物全てが金色で、堂内には三つの壇があって全て螺鈿で飾られ、阿弥陀三尊、二天、六地蔵は定朝の作だと伝えている。

 また、須弥壇内には、藤原清衡(中央壇)、基衡(右壇)、秀衡(左壇)のミイラ化した遺体が納められ、右壇には泰衡の首級も納められている。

 国宝に指定されている仏像は計31躯。

 右壇の増長天像は失われ、右壇の阿弥陀如来像は金色堂本来の像でなく、後世他所から移されたものだという。


中尊寺金色堂



金色堂芭蕉句碑
芭蕉句碑

 1689年(元禄2年)5月13日、奥州平泉を訪れた松尾芭蕉は、まず、源義経衣川館があった丘に上り、「夏草や兵どもが夢の跡」と詠み、その後、中尊寺の金色堂に訪れ、「五月雨の降り残してや光堂」と詠んだ。


吾妻鏡が伝える奥州平泉の中尊寺(okadoのブログ)

松尾芭蕉のおくのほそ道・・・平泉(okadoのブログ)






歴史めぐり源頼朝



中尊寺本堂
中尊寺

 中尊寺は奥州藤原氏の栄華を伝える寺院。
 2011年(平成23年)、「平泉〜仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群〜」として世界文化遺産に登録されている。


岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

JR平泉駅から徒歩25分程度



奥州平泉
奥州藤原氏の栄華〜平泉〜



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地


カスタム検索