鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ



鎌倉幕府の滅亡
後醍醐天皇の倒幕計画

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







 鎌倉時代の後半になると、元寇の恩賞に関する問題等が発生し、御家人は困窮していった。

 幕府は徳政令(永仁の徳政令)を出すなどして御家人救済に努めたが解決には至らず、各地で悪党と呼ばれる者が活動を始め、幕府と御家人との信頼関係も薄いものとなっていった。

 そんな中、天皇親政を志す後醍醐天皇が即位し、時代が大きく動き始める。


東勝寺跡
東勝寺跡
(鎌倉幕府滅亡の地)





 1318年(文保2年)、後醍醐天皇が即位。
 後醍醐天皇は、天皇親政を志す。


〜正中の変〜

 1324年(正中元年)には倒幕を企てるが、事前に六波羅探題に察知され、計画に参加した側近の日野資朝と日野俊基が捕らえられ、翌年、資朝は佐渡に流された。

 後醍醐天皇日野俊基は許されている。 


〜元弘の変〜

 「正中の変」後も討幕を考えていた後醍醐天皇は、1331年(元弘元年)、またもやその計画を六波羅探題に察知されてしまう。

 後醍醐天皇は笠置山で挙兵、護良親王や楠木正成もこれに応じて挙兵した。

 しかし、翌年、後醍醐天皇は捕らえられて隠岐に流され、側近の日野俊基は鎌倉に送られて葛原ヶ岡で処刑された。

 先の「正中の変」で佐渡に流されていた日野資朝も斬罪に処されている。


日野俊基墓
日野俊基墓


〜千早城の戦い〜

 幕府は、1332年(元弘2年)、千早城に立て籠もる楠木正成を攻撃したが、なかなか崩すことが出来なかった。

 このことが各地で倒幕の気運が高まった原因ともいわれている。


〜六波羅陥落〜

 1333年(元弘3年)、赤松円心が挙兵。後醍醐天皇も隠岐を脱出し、船上山で倒幕の綸旨を発した。

 5月7日、足利高氏(尊氏)も幕府に反旗を翻し、赤松円心らとともに六波羅探題を攻め落とした。


東福寺六波羅門
六波羅門

 京都・東福寺六波羅門は、六波羅探題から移築されたもの。陥落の際の矢庇のあとが残されているという。。



〜新田義貞の鎌倉攻め〜

 足利高氏らが六波羅探題を落とした翌日の1333年(元弘3年)5月8日、上野国生品神社で新田義貞が挙兵。

 小手指原の戦い、久米川の戦い、分倍河原の戦いで北条軍を破り、鎌倉を巨福呂坂仮粧坂極楽寺切通の三方から攻めた。

 そして、5月21日、稲村ヶ崎から鎌倉への突入に成功する。

 この攻撃で得宗北条高時をはじめとする北条一族は、5月22日、東勝寺で自刃。

 鎌倉幕府は滅亡した。


新田義貞像
分倍河原
(新田義貞像)
稲村ヶ崎
稲村ヶ崎


 鎌倉幕府滅亡のとき、東勝寺の住職だった信海和尚は、本尊の大日如来を救い出し、逗子市池子の東勝寺(東昌寺)を建てたといわれている。






激戦の跡

洲崎古戦場
洲崎古戦場跡
陣出の泣塔
泣塔

 洲崎は、鎌倉を攻める新田義貞軍と、巨福呂坂を守る赤橋守時軍が衝突した所。

 戦いは60回にも及んだといわれている。
 敗れた幕府軍は、守時ら90人が自刃した。

 赤橋守時は鎌倉幕府最後の執権(十六代執権 参考:嘉暦の騒動)。


十一人塚
稲瀬川
十一人塚
十一人塚

 十一人塚は、極楽寺切通から鎌倉に突入しようとして稲瀬川で討死した、新田軍の侍大将・大舘宗氏ら11人が葬られた所とされている。

 新田義貞は、開戦当初、仮粧坂を攻めていたが、宗氏の死によって指揮系統が失われた極楽寺坂に転戦し、聖福寺に陣を布いて指揮をとったのだという。


九品寺
九品寺

 鎌倉に突入した新田義貞が本陣を構えた場所といわれている。
 鎌倉に残る唯一の新田義貞ゆかりの寺。


宝戒寺
宝戒寺

 宝戒寺は、後醍醐天皇が北条一族の霊を弔うために、足利尊氏に命じて建立させた寺。

 開山の円観は、元弘の変で、北条氏調伏の祈祷をしたとして捕らえられ、陸奥に流されていた。



後醍醐天皇の倒幕計画と日野俊基(okadoのブログ)

鎌倉:宝戒寺の開山円観慧鎮(okadoのブログ)

鎌倉幕府最後の執権〜赤橋(北条)守時〜(okadoのブログ)

鎌倉炎上〜新田義貞の鎌倉攻め〜(okadoのブログ)

新田義貞伝説・・・黄金の雌雄の太刀(okadoのブログ)







新田義貞鎌倉攻めMAP


鎌倉の合戦・謀叛・暗殺の歴史トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜


カスタム検索