鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



比企氏の乱
比企能員の暗殺と比企一族の滅亡

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







妙本寺石碑

 源頼朝の乳母であった比企尼の養子となり、比企氏の家督を継いだ比企能員。

 頼朝に信頼され、頼朝に長男頼家が誕生すると能員の妻が乳母に任命される。

 娘の若狭局は、頼家の側室となり、一幡を授かった。

 頼朝の死後は、将軍頼家の外戚として権勢を持ったが、北条時政の謀略によって一族もろとも滅ぼされた。


比企系図





〜比企一族の滅亡〜

 源頼朝の死後、将軍頼家を擁する比企能員と実朝を将軍にして実権を握りたい北条時政との対立が激化していく。

 そうした中の1203年(建仁3年)7月、頼家が病気となり、ついには危篤状態となった。

 そこで、家督を日本国総守護職と関東28カ国の地頭職を一幡(頼家の嫡子)に、関西38カ国の地頭職を千幡(のちの実朝)に譲るという措置がとられた(8月27日)。

 この措置を進めたのは、北条時政であると考えられている。

 そのこと知った頼家は、9月2日、比企能員を呼び出し、北条氏を誅伐するよう命令を下すが、その陰謀は北条政子に聞かれていたという。

 同日、北条時政は、薬師如来の供養と称して、比企能員を自邸(名越亭)に誘き出し、仁田忠常に命じて能員を暗殺した。

 その一方で、政子の命を受けた北条義時が比企邸を攻め、比企一族を滅亡させた。

 頼家の嫡子・一幡も火をかけられた炎の中で最期を遂げている(一幡の死については、比企の乱後に誅殺されたという説もある。)。


比企一族の墓
比企一族の墓
(妙本寺)
一幡の袖塚
一幡の袖塚
(妙本寺)

妙本寺蛇苦止明神
蛇苦止堂
(妙本寺)

 一幡の母・若狭局を祀ると伝えられている堂。



〜北条時政は政所別当に・・・〜

 比企氏を滅亡させた北条時政は、大江広元とともに鎌倉幕府の政所の別当となり、将軍・実朝の補佐を務めることとなる。

 比企能員を暗殺した仁田忠常は、乱後に時政邸に呼び出されて暗殺された。

 のちに頼家の遺児・千寿丸(三男)が泉親衡に利用され謀叛を起こすが、この事件が和田合戦の引き金となっている。


 毎年9月の鶴岡八幡宮例大祭で奉納される小笠原流流鏑馬の祖小笠原長清は、子の長経が頼家に仕えていたことから処罰されている。







 比企の乱後の9月5日、頼家は奇跡的に危篤状態から快復し、和田義盛仁田忠常北条時政を討つよう命じているが、義盛はそれを時政に報告。

 忠常は翌日加藤景廉に殺されている。

 9月7日、頼家は出家、9月15日には、実朝が征夷大将軍に任じられた。

 そして、頼家は9月29日には修禅寺に幽閉され、翌年7月18日に暗殺された。 


源頼家の墓
源頼家の墓
(伊豆修禅寺)



北条時政という武将

乳母制度と頼朝・頼家・実朝

源頼家重病・・・家督相続の沙汰

吾妻鏡の物語と比企氏の乱

公暁と源実朝の暗殺・・・源氏の滅亡

比企一族の供養塔と一幡の袖塚

源頼家の悲劇〜比企氏の乱の真相は・・・〜

恐るべき北条政子〜比企能員暗殺・比企一族滅亡〜

比企能員を暗殺した仁田忠常という武将

源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡







鎌倉の合戦・謀叛・暗殺の歴史トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索