鎌倉手帳(寺社散策)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭



宝治合戦
三浦氏の滅亡

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







 鎌倉幕府で、北条氏と肩を並べていたのが三浦氏

 三浦氏は、代々源氏に仕え、1180年(治承4年)の源頼朝の挙兵時にも大きな役割を果たした。

 頼朝が亡くなると、北条政子とその父時政が幕府の実権を握り、梶原景時、比企能員、畠山重忠頼朝の弟阿野全成など頼朝以来の有力御家人を次々に滅亡させ、二代将軍頼家を伊豆修禅寺に流し暗殺した。

 二代執権北条義時の時代には、和田義盛が討たれ、三代将軍実朝が暗殺されている。

 北条氏にとって残る有力御家人は三浦氏のみとなっていた。





〜前哨戦〜

 1242年(仁治3年)、四代執権となった北条経時は、名越光時らが四代将軍藤原頼経と組んで北条得宗家に代わって幕府の実権を握ろうとしていたため、頼経を廃し、子の頼嗣を将軍に据えた。

 1246年(寛元4年)、経時が病気となったため、経時の弟時頼が五代執権となる。

 名越光時は、前将軍頼経らとともに時頼打倒を考えるが、失敗に終わり伊豆の江間に流された。

 前将軍頼経も鎌倉を追放されている(宮騒動)。


筋違橋の碑
筋違橋
ここから宝治合戦の戦端が開かれた



〜宝治合戦〜

 藤原頼経の京都への護送には、三浦光村が加わっていた。

 光村は三浦氏の当主泰村の弟。

 護送の際、光村は頼経に「後日、必ず鎌倉に迎える」と言ったという。

 そのことが時頼の耳にも伝わった。

 以前より頼経を中心とする反執権勢力に近づくなど不穏な動きをみせていた泰村を危険視していた時頼は、泰村に暴挙は慎むよう諭したが、三浦氏の不穏の動きは鎌倉中に知れ渡った。

 実際に泰村は武器、武具、食料を由比ヶ浜につけ、三浦邸に運ばせていたようである。

 その後、時頼泰村との間で、様々な駆け引きが行われた。

 そんな折、時頼の外祖父で三浦氏と勢力を争っていた安達景盛が、子の義景、孫の泰盛に命じて三浦邸を襲撃した(1247年(宝治元年)6月5日)。

 これに対し泰村が反撃をし、時頼も三浦邸襲撃を決定したため、一気に合戦の火ぶたが切られた。


三浦邸は、現在の横浜国立小学校の敷地の一部だった。


 館に火をかけられた泰村は、頼朝法華堂に籠もった。

 永福寺で陣を構えていた光村は、泰村に永福寺で合流することを勧めたが、泰村が、すでに戦う気がないことを知ると法華堂へと向かったのだという。

 法華堂で合流した泰村と光村は、一族500余名とともに自刃。


三浦一族の墓
三浦一族の墓
(法華堂跡)







 後日、この合戦の追討軍によって千葉秀胤も滅ぼされている。

 頼朝の右腕であった大江広元の子毛利季光は、泰村の妹を妻とし、合戦に当たって「兄を見捨てる事は、武士のする事ではない」と説得され三浦氏についた。

 そのため、三浦一族とともに法華堂で自刃した。

 実朝を暗殺した公暁を誅殺した長尾定景の子景茂の本拠長尾城も攻められ落城した。

 この合戦により、北条得宗家の独裁政治が確立している。


厚木・三島神社
三島神社
(毛利氏発祥地・厚木市)


 北条得宗家とは、初代時政の嫡流をいい、時政、義時、泰時、時氏、経時、時頼、時宗、貞時、高時をいう。

 義時の法名に由来して名付けられたといわれている。


北条泰時死後の政局と北条時頼〜宝治合戦〜(okadoのブログ)

了行法師の謀叛と追放された将軍藤原頼嗣(okadoのブログ)





 三浦一族の佐原氏は、この合戦には加わらず、後に三浦氏の再興を許されている。

 これが相模三浦氏であるが、戦国時代に北条早雲と戦って敗れた三浦道寸(義同)は、この相模三浦氏の最後の当主となった。


新井城址
三浦道寸墓







鎌倉の合戦・謀叛・暗殺の歴史トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


江の島灯籠 長谷の灯かり


カスタム検索