鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



梶原景時の変
梶原景時の失脚と討死

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







 梶原景時には、石橋山の戦いで敗れて逃亡する源頼朝を助けたという伝説や、源義経との対立、上総介広常の暗殺などの話が残されている。

 和田義盛から侍所別当の職を奪ったこともあるという。

 武家政権を樹立させたい頼朝にとって景時は、なくてはならない者であった一方、讒言によって多くの御家人が失脚していることから、御家人の間では恨まれていたところもあるらしい。


御霊神社
御霊神社
(梶原)





〜景時に対する弾劾状〜

 『吾妻鏡』によると、1199年(正治元年)10月25日、侍所では、亡き源頼朝のために「一万遍の念仏」が唱えられていたが、そのときに結城朝光から「忠臣は二君に仕えず」という発言があった。

 梶原景時はその発言を「現将軍頼家への謀叛」と捉えたのだという。

 そのことを朝光に告げたのは、北条政子の妹・阿波局(保子)だった。

 驚いた朝光が三浦義村に相談すると、和田義盛畠山重忠千葉常胤ら御家人66名による景時に対する弾劾状が作成され、政所の別当大江広元に提出された。

 広元頼家への提出をためらっていたが、和田義盛に強迫されて提出したといわれている。

 この弾劾状に北条時政義時父子の名は連ねられていない。
 しかし、事を大きくしたのは時政の娘・阿波局の発言だった。



〜景時の最期〜

 11月12日、景時は、将軍頼家に呼ばれて事情を聴かれたようであるが、何も弁明もせず相模国一宮に下向した(参考:梶原景時館址)。

 一時、鎌倉に戻った景時だったが、12月18日、評定の結果が出て、鎌倉から追放されている。

 1200年(正治2年)1月20日、景時は上洛するため一宮を発ったが、駿河国清見関で在地武士との間で合戦となり、嫡子景季とともに討死にした。

 頼朝の死からちょうど一年後のことであった。

 『吾妻鏡』には、景時の上洛の理由を武田有義を将軍にするためと書かれているが定かではない。

 参考までに、駿河国は、北条時政が守護を務めていた地。


梶原景時の墓
梶原景時の墓
梶原景時一宮館址
梶原景時館址
(寒川町)

仏行寺源太塚
源太塚
(仏行寺)
鎌倉山しのぶ塚
しのぶ塚
(鎌倉山)


参考:梶原景時の追放



梶原景時の変

北条時政という武将

梶原景時館址・・・一宮館







〜その後の将軍頼家は・・・〜

 景時は、将軍頼家の乳母夫を務めており、頼家にとって景時の失脚は大きな損失だった。

 1203年(建仁3年)5月には、頼朝の弟全成が謀叛を企てたとして捕らえられ誅殺された(阿野全成の誅殺)。

 この謀叛の企ての影には北条時政がいた。

 同年9月、こちらも頼家の乳母夫であった比企能員が北条時政に暗殺され、一族は北条義時らによって討たれた(比企氏の乱 比企能員の暗殺・比企氏滅亡)。

 頼家修禅寺に幽閉され、翌年暗殺されている。


源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡(okadoのブログ)



 建長寺では、毎年7月15日に「三門梶原施餓鬼会」が行われている。

 これは、梶原景時の霊が蘭渓道隆と会ったことがきっかけで行われるようになったといわれている(参考:梶原景時の墓)。


三門梶原施餓鬼会
三門梶原施餓鬼会






鎌倉の合戦・謀叛・暗殺の歴史トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索