鎌倉手帳(寺社散策)

公暁悲劇の道

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







公暁悲劇の道


 建長寺塔頭回春院から奥の天園ハイキングコースへと続く道を入っていくと、「公暁悲劇の道」と呼ばれる古道がある。

 この道の先は鶴岡八幡宮の裏山(今は、途中で道がなくなってしまっている。)。

 1219年(建保7年)正月27日、鶴岡八幡宮で叔父で三代将軍の源実朝を暗殺した公暁(くぎょう)。

 その後、三浦義村邸へと向かうため、公暁が使ったのがこの道だということで「公暁悲劇の道」と呼ばれている。





〜 公 暁 〜

 公暁は、1200年(正治2年)、二代将軍源頼家の次男として誕生。

 母は辻殿(賀茂重長の娘:源為朝の孫)。

 幼名は善哉(ぜんざい)。

 乳母夫は三浦義村

 1203年(建仁3年)9月、父頼家は将軍職を廃され、伊豆修禅寺に幽閉された後、翌年、北条氏によって暗殺されている(比企氏の乱)。


比企一族の墓
リンクボタン比企一族の墓
(妙本寺)
源頼家の墓
リンクボタン源頼家の墓
(伊豆修禅寺)


 その後の善哉は・・・

 『吾妻鏡』によれば、 1206年(建永元年)6月16日、北条政子邸では、善哉の「着袴の儀」が行われ、三代将軍源実朝(善哉の叔父)も参列している。

 同年10月20日には、政子の命令で実朝の猶子となり、はじめて御所に入った。

 このとき、乳母夫の三浦義村は贈り物を献上。

 1211年(建暦元年)9月15日、鶴岡八幡宮別当の定暁(尊暁)の弟子となる。

  法名は公暁。

 翌日には定暁に伴われ、受戒のため上洛。

 修行のために入った園城寺では、公胤僧正の弟子となり、「悪別当」と呼ばれていた。


園城寺(三井寺)
リンクボタン園城寺
(滋賀県大津市)







〜源実朝暗殺〜

 1217年(建保5年)6月20日、定暁が入寂したため、政子の命令で鎌倉に戻った公暁は、政子から鶴岡八幡宮の別当に補任され、この年の10月11日、別当となってはじめて神拝し、その晩より宿願によって、上宮で一千日間の参籠をはじめた。

 『吾妻鏡』1218年(建保6年)12月5日条には、 「公暁は参籠したまま上宮を退出せず、いくつかの祈請をたてて髪も剃らないので、皆がおかしいと怪しんだ」 と記されている。

 そして、1219年(建保7年)の正月を迎える。


鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮


 1219年(建保7年)正月27日、鶴岡八幡宮では、源実朝の右大臣拝賀式が行われた。

 式を終えた実朝が石段の上にさしかかると、突然公暁が襲いかかり、実朝を殺害(参考:源実朝の暗殺)。

 実朝の首を取った公暁は、後見人の備中阿闍梨の雪ノ下北谷の家に行き、食事の間も実朝の首を放さなかったという。

 そして、公暁の乳母子弥源太を三浦義村邸に遣わし、

 「今、将軍の席が空いた。

 次は自分が将軍となる順番だから、 早く方策を考えよ」

 と指示。

 しかし、義村は「すぐに屋敷に来る」よう伝える一方で、北条義時に連絡をとり、義時から公暁を討つように命ぜられている。

 そうとも知らずに山越えをして義村邸に向かった公暁は、義村に遣わされた長尾定景に討ち取られ、首は北条義時邸に運ばれた。

 公暁がどこに葬られたのかは不明。



天園ハイキングコースMAP







鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


かまくら「長谷の市」 宝物風入
鎌倉の紅葉 長谷寺紅葉ライトアップ