鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



源実朝の暗殺
源氏の滅亡

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







 源実朝は、1192年(建久3年)8月9日、源頼朝の次男として誕生。

 乳母は、母北条政子の妹保子(阿波局)。

 1203年(建仁3年)、兄頼家北条時政の謀略により失脚させられたため三代将軍となる。

 しかし、実権は二代執権北条義時と母である北条政子に握られていた。


源実朝
源実朝
(京都:大通寺蔵)


北条政子の安産祈願所
(実朝誕生)

比企氏の乱

『金槐和歌集』





〜官位昇進〜

 将軍源実朝は、「源氏の正統は自分で終わるので、せめて高い官位に付き家名をあげたい」という理由から、次々に官位昇進を望んだ。

 1218年(建保6年)、権大納言、左近衛大将、内大臣となり、同年12月2日には、武士としては初めての右大臣となった。


昇進を重ねた源実朝(okadoのブログ)

源実朝が残した和歌(okadoのブログ)

北条政子の上洛と将軍継嗣問題(okadoのブログ)



〜 暗 殺 〜

 翌1219年(建保7年)1月27日、鶴岡八幡宮で行われた右大臣拝賀の式に出席した実朝は、太刀持ち役を務めていた源仲章とともに、甥の公暁によって暗殺された。

 公暁は「親(頼家)の仇」として実朝を暗殺したものと考えられている。

 実朝の首を持って逃走した公暁は、乳母夫の三浦義村邸へと向かうが、義村が差し向けた長尾定景によって討ち取られた。

 実朝の首は見つからないまま勝長寿院に葬られたという。

 秦野市には、「源実朝公御首塚」があって、長尾定景とともに公暁追討を命ぜられた武常晴が実朝の首をこの地に埋葬したと伝えられている。

 実朝の死によって、源頼朝から始まった源氏の政権は三代で滅んだ。


 公暁を討った長尾定景は、久成寺に墓がある。
 定景は長尾城(現在の横浜市栄区)を居城とし、のちの戦国大名上杉謙信の祖先ともいわれている。


大銀杏
大銀杏
(公暁が隠れていたという伝説の御神木)

 残念なことですが、隠れ銀杏として人気だった鶴岡八幡宮の大銀杏は、平成22年3月10日未明に倒れてしまいました。



〜京都大通寺〜

 実朝の正室は公卿坊門信清の娘・信子。

 実朝が暗殺された後、信子は壽福寺で出家し、京都へ戻って菩提所の大通寺を創建している。


京都・大通寺
大通寺
(京都)







〜真相は闇の中〜

 実朝暗殺は、公暁単独で実行したとは考えられない謎が残されている。

 源仲章が務めていた太刀持ち役は北条義時の役目であったが、義時は体調不良を理由に、その役を仲章に代わってもらい自館へ帰っている。

 公暁は太刀持ち役が義時であると確信して事に及んだと考えるられることから、義時は、実朝が公暁に襲われることを知っていたのではないかという説がある。

 実朝を暗殺した後、公暁は何故、三浦義村邸に向かったのかも疑問として残されている。

 (参考:実朝の暗殺


戌神将
戌神将伝説


乳母制度と頼朝・頼家・実朝(okadoのブログ)
(三浦氏は公暁の乳母だった)

大倉薬師堂〜北条義時と戌神将の伝説〜(okadoのブログ)

公暁と源実朝の暗殺・・・源氏の滅亡(okadoのブログ)





〜実朝の2つの墓〜

源実朝首塚
実朝公御首塚
(秦野市)
壽福寺五輪塔
五輪塔
(壽福寺)

 実朝は、拝賀式に出掛ける前に「出でいなば 主なき宿と 成ぬとも 軒端の梅よ 春をわするな」と詠み、御髪上げに奉仕した宮内公氏に髪の毛を形見として与えていたという。

 遺体は勝長寿院に葬られたが、首は公暁が持ち去って行方がわからなかったため、首の代わりにその髪の毛が葬られたのだという。


北条政子と源実朝の墓(okadoのブログ)

源実朝の木製五輪塔(okadoのブログ)

源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡(okadoのブログ)







鎌倉の合戦・謀叛・暗殺の歴史トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索