鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



阿野全成の誅殺
頼朝の弟の最期

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







 阿野全成は、源義朝の八男。

 頼朝の異母弟。

 義経の同母兄。

 1159年(平治元年)の平治の乱後、醍醐寺に預けられていたが、1180年(治承4年)8月17日、源頼朝が挙兵すると、関東に下り、佐々木兄弟の助けを受けて渋谷重国のもとに匿われていた。

 あまり知られていないが、10月1日、義経より先に頼朝のもとに駆けつけ、鎌倉入りを一緒に果たしている。

 その後、北条政子の妹保子(阿波局)を妻とし、駿河国阿野荘を与えられ「阿野」を名乗った。

 保子が頼朝の二男実朝の乳母となったことから、実朝の養育係となりその地位を築いていく。

 頼朝の死後の1203年(建仁3年)、北条時政の将軍実朝擁立の企てに加わり、将軍頼家への謀叛を企てたが、5月19日、武田信光によって捕らえられ、常陸国に流され後の6月23日に誅殺された。

 子の頼全(よりまさ)も7月16日に京都で誅殺されている。

 頼家は、全成の妻阿波局の引き渡しも求めたが北条政子が拒否したという。

 北条時政は、この年の9月、将軍頼家の外戚比企能員を暗殺し、一族を滅ぼした。

 この事件によって頼家修禅寺に流されている。

(参考:比企氏の乱 比企能員の暗殺・比企氏滅亡





阿野全成の墓
大泉寺
(阿野全成と時元の墓)

 静岡県沼津市の大泉寺には、全成と嫡子時元のものと伝わる墓がある。
 後醍醐天皇に仕えた阿野廉子は、全成の子孫と伝えられている。







鎌倉の合戦・謀叛・暗殺の歴史トップ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索