鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 奥州平泉



甲斐善光寺
〜山梨・甲府〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







甲斐善光寺


 甲斐善光寺は、1558年(永禄元年)、合戦による信濃善光寺の焼失をおそれた武田信玄が本尊善光寺如来をはじめとする寺宝を山梨郡板垣郷に移したことに始まる(参考:川中島古戦場)。

 正式名称は、定額山浄智院善光寺(浄土宗)。

 開山は信濃善光寺大本願三十七世の鏡空。

 1565年(永禄8年)に本堂が完成し、仮堂に収められていた善光寺如来の入仏供養が行われたという。

 1582年(天正10年)、織田・徳川連合軍による武田征伐によって武田氏が滅亡すると、善光寺如来は織田・徳川・豊臣氏を転々としたが、1598年(慶長3年)に信濃善光寺に戻されている。

 江戸時代の甲斐善光寺は、徳川家の庇護を受け、本坊三院十五庵を有する大寺院として栄え、浄土宗甲州触頭(ふれがしら)となった。


 板垣郷は、信濃善光寺を建立した本田善光を葬送した地と伝えられている。



 1565年(永禄8年)、武田信玄によって建立された伽藍は、1754年(宝暦4年)の失火により焼失。

 現在の山門・金堂は、1796年(寛政8年)に再建されたもので、いずれも重要文化財。


甲斐善光寺山門
山門
甲斐善光寺金堂
金堂

甲斐善光寺鐘楼堂
鐘楼堂



〜源頼朝像・源実朝像〜

甲斐善光寺源頼朝像
源頼朝像

 甲斐善光寺の「木造源頼朝坐像」は、胎内背面に文治3年(1319年)の銘があり、頼朝の命日である正治元年(1199年)正月13日の日付が記されることから、最古の頼朝像とされている。

 源頼朝は、1179年(治承3年)に焼けた信濃善光寺を復興するため、1187年(文治3年)に比企能員を通じて信濃の御家人に再建を命じ、1197年(建久8年)には自らも参詣した。

 その後も鎌倉幕府の保護を受け、善光寺信仰が広まり、善光寺如来の模造が多く造られた。

 鎌倉円覚寺に伝わる善光寺式阿弥陀三尊像は、「1271年(文永8年)銘のあるもの。


甲斐善光寺源実朝像
源実朝像

 甲斐善光寺の宝物館には、源頼朝像の他、源実朝像・熊谷直実像が展示され、いずれも最古の彫像といわるもので、信濃善光寺から伝えられたもの。
 
 かつての信濃善光寺・甲斐善光寺には「源三代将軍堂」があったのだという。


 信濃善光寺は、1268年(文永5年)と1313年(正和2年)の2度の火災に見舞われている。
 源頼朝像の胎内墨書の「文治3年」(1319年)は、その修理が完成したことを示す銘だと考えられている。


〜参考:源頼朝の容姿って・・・〜

源頼朝
頼朝の容姿

写真は東京国立博物館の源頼朝像。


源頼朝像と信濃善光寺・甲斐善光寺(okadoのブログ)






甲斐善光寺:富士の景色
霊峰富士
信濃善光寺
信濃善光寺



歴史めぐり源頼朝



甲斐善光寺
甲斐善光寺

山梨県甲府市善光寺3−36−1

JR中央線・酒折駅より徒歩15分
JR身延線・善光寺より徒歩7分



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地


カスタム検索