鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ



円覚寺開山忌
〜鎌倉:円覚寺〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







円覚寺開山忌


 北鎌倉の円覚寺では、毎年10月3日に開山無学祖元(仏光国師)の大法要が行われます。

 無学祖元は、中国宋の禅僧。

 八代執権北条時宗の招きにより来日。建長寺第五世となり、蒙古襲来の危機に際しては、時宗の相談役としてその政策に影響を与えました。

 1282年(弘安5年)、時宗が建立した円覚寺の開山に迎えられました。

 1286年(弘安9年)9月3日、建長寺で没し、仏光国師の号を賜っています。

 頂相彫刻「木造仏光国師坐像」は国重要文化財です。 


時間等につきましては、鎌倉市観光協会又は円覚寺にご確認ください。





円覚寺正続院
正続院
円覚寺舎利殿
舎利殿


 一山の僧侶が無学祖元の塔頭正続院舎利殿に集まり、法会が行われます。

 仏殿でも盛大な法要が営まれ、4年に一度の閏年には、開山の「無学祖元像」が輿に乗せられ境内を巡堂します。


円覚寺開山忌


 法要が終わると、方丈で精進料理による会食が行われます。

 古式礼法にそった食事で、中央に無学祖元の画像を掲げて、「四つ頭」の作法によって厳粛に行われます。

 料理は「九椀斎」と呼ばれる禅林の最高の精進料理ということです。


円覚寺開山忌


莫煩悩〜元寇と北条時宗と無学祖元〜(okadoのブログ)

無学祖元(仏光国師)・・・円覚寺の開山忌(okadoのブログ)







〜妄想する莫かれ〜

 北条時宗は、蒙古襲来(元寇)の危機に無学祖元のもとを訪れ、「莫妄想」(まくもうそう)という言葉をいただきました。

 「妄想する莫かれ」ということですが、時宗は、「くよくよ考えず今できることを精一杯にやる」ということを決心し、蒙古襲来に立ち向かったということです。

 1282年(弘安5年)、元寇の戦死者を供養するために円覚寺が建立され、無学祖元が住持します。


円覚寺開山忌


莫煩悩〜元寇と北条時宗と無学祖元〜(okadoのブログ)



円覚寺開山忌
仏殿の法要
円覚寺開山忌
園児による催し


〜閏年の開山忌〜
(開山木像の巡堂)

円覚寺開山忌

 4年に一度の閏年には、開山の「無学祖元像」が輿に乗せられ境内を巡堂します。


2012:閏年の円覚寺開山忌(okadoのブログ)



円覚寺開山忌
円覚寺

 無学祖元は、北条氏をはじめとする鎌倉武士の教化に努め、我が国臨済宗の基礎を確立します。
 法嗣に高峰顕日や規庵祖円がいて、五山派の主流となった夢窓疎石高峰顕日の法嗣です。


鎌倉市山ノ内409
0467(22)0478

JR北鎌倉駅よりスグ



鎌倉:寺社・史跡巡りMAP
北鎌倉
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜





カスタム検索