鎌倉手帳(寺社散策)

黒地蔵縁日
〜鎌倉:覚園寺〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







覚園寺黒地蔵縁日


 8月10日は覚園寺の「黒地蔵縁日」。
 
 黒地蔵が参拝者の思いや願いを死者のもとへ届けてくれるという日。

 縁日は8月10日の午前0時から始まります(正午頃まで。)。


〜黒地蔵〜

 覚園寺の地蔵堂の本尊「木造地蔵菩薩立像」は、「黒地蔵」と呼ばれています(国重文)。

 地獄の罪人の苦しみを少しでも和らげようと鬼(獄卒)に代わって火を炊いたため「黒くすすけている」という伝説が残されています。

 何回彩色しても元に戻ってしまうことから「黒地蔵」と呼ばれるようになりました。

 火を焚いたことから「火焚き地蔵」とも呼ばれています。


覚園寺の黒地蔵は、鎌倉二十四地蔵の一つです。





〜千体地蔵〜

 黒地蔵の両側には千体地蔵が安置され、千体地蔵の一体を借りて供養するとご利益がたちどころに現れるといわれています。

 千体地蔵の一体を借りるというのは、自分の家に持ち帰って祈りつづけるということ。

 「祈願したことが叶えられる」という言い伝えがあります。

 そして、借りた千体地蔵に彩色を施し、供養をして地蔵堂にお返しするという風習となっているようです。

 また、一心に供養をすると、亡き者の面影になって現れるともいわれています。



覚園寺黒地蔵縁日
朝粥

 大悲殿跡地に移築されている江戸時代の古民家(内海家住宅)では、朝粥を御馳走になることができます。

 (午前6時頃から)







 覚園寺は、二代執権北条義時の建てた大倉薬師堂をその前身としています。

 大倉薬師堂は焼けてしまいますが、九代執権北条貞時が、元寇が再び起こらぬように寺に改め、開山には智海心慧が迎えられました。

 静寂な境内は、古都鎌倉の面影をよく残しています。


覚園寺黒地蔵縁日
覚園寺

鎌倉市二階堂421
0467(22)1195

鎌倉駅から「大塔宮」行バス終点下車
徒歩10分


0810大功徳日



8/10鎌倉朝参りMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索