鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



相模の武将「三浦一族」

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







 三浦氏は、桓武平氏を血をひく坂東八平氏の一つ。

 為通が衣笠に居城を構え、代々源氏に仕えた。源頼朝の挙兵にも加わり、石橋山の戦いには間に合わなかったものの、頼朝の鎌倉入りに大きな役割を果たす。

 鎌倉御家人として重要な地位を占めていたが、北条氏との対立が大きくなり、泰村の代の滅ぼされた。

 傍流には、三浦義明の長男杉本義宗、八男の佐原義連、杉本義宗の長男和田義盛がいる。


桓武天皇
第50代天皇

平高望

良文

忠頼

忠通

為通

為継

義継

義明


坂東八平氏とは・・・

 良文から分かれた秩父氏、上総氏千葉氏、中村氏、三浦氏、鎌倉氏などの氏族。





三浦嫡流の武将

 為通

 源頼義より三浦の地をもらう。三浦の祖。


 為継

 源義家に従い後三年の役で活躍(鎌倉権五郎景政との伝説)。


 義継

 源義朝に仕える。


 義明

 源頼朝の挙兵に一族を出陣させるが、間に合わず、衣笠城で討死(参考:小坪合戦と衣笠合戦)。
 傍流に長男杉本義宗、末子佐原義連、義宗の子和田義盛がいる。
 岡崎義実は弟。


 義澄

 源頼朝に挙兵を勧める。鎌倉幕府の重臣として不動の地位を得る。


 義村

 北条義時と対立。一族和田義盛の乱の折りには、義盛を裏切った。源実朝の暗殺にも関わっていると思われる。
(参考:源実朝の暗殺(源氏の滅亡) 実朝の暗殺 実朝暗殺事件


 泰村

 宝治合戦北条時頼に敗れ三浦氏は滅亡。


北条泰時死後の政局と北条時頼〜宝治合戦〜(okadoのブログ)







三浦傍流の武将

 岡崎義実

 三浦義明の弟。石橋山の戦いに参加。
 頼朝七騎に数えられる。
 現在の平塚市岡崎を領した。
 源義朝の館跡(現在の壽福寺)に義朝の菩提を弔う祠を建てた。


 佐奈田義忠

 岡崎義実の長男。現在の平塚市真田を領した。
 石橋山の戦いで討死。


 杉本義宗

 三浦義明の長男。
 杉本城を築き、梶原氏、大庭氏に備えた三浦の最前線基地とする。


 佐原義連

 三浦義明の末子。衣笠城からほど近い佐原を治める。


 和田義盛

 三浦義明の孫。杉本義宗の長男。
 三浦半島和田の地を開拓し、鎌倉幕府では、侍所別当に任じられた。





〜三浦一族ゆかりの史跡〜


衣笠城址


満昌寺
(横須賀市 義明の菩提寺)

近殿神社
(横須賀市 祭神:義村)

薬王寺跡
(横須賀市 義澄の墓)

清雲寺
(横須賀市 三浦氏三代の墓)

満願寺
(横須賀市 佐原義連の墓)

和田の里
(三浦市 和田城址)

来福寺
(三浦市 和田義盛の菩提寺)

三浦義村の墓
(三浦市)

海南神社
(三浦市 三浦半島の総鎮守)

浄楽寺
(横須賀市 運慶の仏像)

東漸寺
(横須賀市 頼朝の日金地蔵)


岡崎義実と佐奈田義忠ゆかりの地

天徳寺(真田尊)
(平塚市 佐奈田義忠の居城跡)

無量寺
(伊勢原市 岡崎義実の居城跡)

岡崎義実の墓
(平塚市)

証菩提寺
(横浜市栄区 佐奈田義忠の菩提寺)







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索