奈良・京都

京都:葵祭(賀茂祭)
〜賀茂神社例祭〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







葵祭


 葵祭(あおいまつり)は、賀茂神社の例祭。

 毎年5月15日に行われる京都三大祭の一つ。

 賀茂神社(かもじんじゃ)とは、賀茂別雷神社(上賀茂神社)と賀茂御祖神社(下鴨神社)の総称。

 古くは「賀茂祭」と称され、源氏物語の「葵」の巻にも描かれました。

 祭儀は、宮中の儀・路頭の儀・社頭の儀からなりますが、現在は宮中の儀は行われていないようです。


主な前儀

5月3日 流鏑馬神事(下鴨神社)

5月4日 斎王代御禊の儀

5月5日 歩射神事(下鴨神社)

5月5日 賀茂競馬(上賀茂神社)

5月12日 御蔭祭(下鴨神社)


路頭の儀

 総勢500余名、馬36頭、牛4頭、牛車2基、輿1台の風雅な王朝行列。

 10:30に京都御所を出発、下鴨神社を経て上賀茂神社へと向かう。


社頭の儀

 行列が下鴨神社・上賀茂神社に到着した際に、それぞれの社頭で行われる儀式。


スケジュール

京都御所出発10:30→丸太町通→河原町通 →下鴨神社到着11:40

路頭の儀・出発14:20→下鴨本通→洛北高校前14:40→北大路通→北大路橋14:55→賀茂川堤→上賀茂神社到着15:30


賀茂神社 二葉葵
御神紋の二葉葵
(賀茂葵)



〜五穀豊穣を祈願する王朝行事〜

 『日本書記』の欽明天皇の巻には、567年(欽明天皇28年)は、洪水によって五穀が実らず、飢えによる「人食い」があったこと記されているようです。

 伝説によると・・・

 賀茂の大神の崇敬者だった卜部伊吉若日子の占いでは、賀茂の神々の祟りということでした。

 その祟りを鎮めるために勅命が下り、4月中酉の日に、卜部伊吉若日子を勅使として、馬には鈴をかけ、人は猪頭(ししがしら)をかぶって駆競(かけくらべ)をするという大規模な祭礼が行われました。

 この祭礼によって、風雨はおさまり、五穀も豊かに実り、国民も安泰になったのだといいます。

 これが葵祭(賀茂祭)の起源だということです。

 819年(弘仁10年)には、朝廷の律令制度として、最も重要な恒例祭祀(中紀)に準じて行うという国家的行事になりました。


〜中断と再興・復活〜

 平安時代からの祭事も、1467年(応仁元年)から約100年続いた応仁の乱によって中断してしまいます。

 再興されたのは1694年(元禄7年)。

 再興後は、内裏宸殿や牛車、衣冠などを「葵の葉」で飾るようになったことから「葵祭」と呼ばれるようになったのだといいます。

 その後、幕末の混乱期、太平洋戦争によって中断されてしまいますが、1953年(昭和28年)に復活しました。







葵祭
賀茂神社の斎王(斎院)

 斎王は、賀茂神社に巫女として奉仕した未婚の内親王または女王(親王の娘)。

 嵯峨天皇(桓武天皇の第一皇子)が即位した翌年の810年(弘仁元年)、平城天皇(桓武天皇の第一皇子)が復位を試みて対立(「薬子の変」)。

 嵯峨天皇は、賀茂大神に「我が方に利あらば皇女を捧げる」と祈願し、争いに勝利した後、約束のとおりに娘の有智子内親王(うちこないしんのう)を捧げます。

 それが賀茂神社の斎王のはじまりで、1212年(建暦2年)に後鳥羽天皇の皇女・第35代礼子内親王(いやこないしんのう)が退下するまでの約400年間続きました。

 斎王が奉仕していた時代の賀茂祭(葵祭)は、斎王が主宰していたのだといいます。

 現在の葵祭では、一般市民から選ばれた斎王代が祭に参加しています(1956年(昭和31年)から)。



賀茂斎院跡
賀茂斎院跡の碑
(檪谷七野神社)

 斎王が住まいした紫野斎院は、今宮神社の近くにあったそうですが、1212年(建暦2年)に第35代・礼子内親王が退下した後、承久の乱の混乱などもあって廃絶したそうです。

 檪谷七野神社周辺の一画だという説もあるようです。


今宮神社若宮社
今宮神社若宮社

 今宮神社にある斎王を祀る社。



〜葵祭の申の日に供えられていた申餅〜

下鴨神社の申餅
申餅

 かつての葵祭では、申の日に申餅を供え、無病息災を祈願したのだといいます。







上賀茂神社
賀茂別雷神社
(上賀茂神社)
下鴨神社
賀茂御祖神社
(下鴨神社)

 古くより朝廷から崇敬され、794年(延暦13年)の平安遷都後は山城国の一之宮となり、王城鎮護の神として一層崇敬され、802年(大同2年)には正一位の神階を受け、賀茂祭は勅祭とされました。



歴史めぐり源頼朝



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり