鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



宇治平等院鳳凰堂

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







平等院鳳凰堂


 平等院の鳳凰堂(阿弥陀堂)は、1053年(天喜元年)に関白藤原頼通によって建立された。

 中堂(ちゅうどう)、左右の翼廊、中堂背後の尾廊の4棟からなる建築物でいずれも国宝に指定されている。

 浄土式庭園の阿字池の中島に建てられ、中堂(ちゅうどう)には仏師定朝作の本尊・丈六阿弥陀如来坐像(国宝)が安置されている。

 周囲の壁と扉には「九品来迎図」、阿弥陀仏の背後の壁には「極楽浄土図」が描かれ、左右の壁の上部には52体の「雲中供養菩薩像」が懸けられている。

 いずれも国宝。

 鳳凰堂と呼ばれるようになったのは江戸時代に入ってからのことだという。


宇治平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂


宇治平等院:阿弥陀如来
阿弥陀如来坐像


宇治平等院:阿字池
阿字池
宇治平等院:鳳凰
鳳凰(国宝)


平等院鳳凰堂
(昭和52年頃の写真)






無量光院・復元図
宇治平等院:無量光院

 奥州藤原氏三代の秀衡が平泉に建てた無量光院は、悉く平等院鳳凰堂を模したものだったと伝えられている。


永福寺・復元図
宇治平等院:永福寺

 鎌倉の永福寺は、源頼朝奥州平泉の寺院を模して建立した。





歴史めぐり源頼朝



宇治平等院
宇治平等院:平等院

 平等院は藤原道長の別荘「宇治殿」を子の頼通が寺としたのが始まり。
 鳳凰堂(阿弥陀堂)は華やかな藤原時代の貴重な遺構。

宇治市宇治蓮華116

JR奈良線「宇治駅」下車徒歩10分
京阪電鉄宇治線「京阪宇治駅」下車徒歩10分






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索