鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



源頼政の墓
平等院の戦い

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







宇治平等院:源頼政墓


 平等院の塔頭最勝院にある源頼政の墓。

 1180年(治承4年)4月9日、源頼政は息子の仲綱とともに三条高倉御所を訪れ、以仁王に「源頼朝らの源氏を味方にして平家を討ち滅ぼすこと」を申し入れた。

 それに応じた以仁王は、藤原宗信に命じて令旨を発布させると、源行家を東国へと向かわせ、まずは、伊豆国源頼朝に令旨を伝え、その後、他の源氏にも伝えるよう手配した。

 しかし、以仁王と頼政の平家討滅の計画は5月の初旬には平家方に露見し、以仁王は三井寺に入り頼政と合流するが、僧兵が少ないことから、5月26日、東大寺興福寺のある南都へと向う。

 その途中、以仁王が疲労して落馬したため平等院で休息をとるが、平知盛、維盛ら2万の軍勢に追いつかれ合戦となった。

 頼政は宇治橋の橋板を落とし、平等院に籠もって抵抗したが、子の仲綱、兼綱、仲宗が討死、頼政も自害した。

 頼政が宇治で防戦している間、以仁王は南都へと向かったが、南山城の加幡河原で平氏家人の藤原景高・伊藤忠綱らの追討軍に追いつかれて討たれた。


宇治平等院:最勝院
源頼政の墓がある最勝院





宇治橋
宇治橋
宇治平等院:扇の芝
扇の芝
(頼政終焉の地)







歴史めぐり源頼朝



宇治平等院
宇治平等院平等院

 平等院は藤原道長の別荘「宇治殿」を子の頼通が寺としたのが始まり。
 鳳凰堂(阿弥陀堂)は華やかな藤原時代の貴重な遺構。

宇治市宇治蓮華116

JR奈良線「宇治駅」下車徒歩10分
京阪電鉄宇治線「京阪宇治駅」下車徒歩10分






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索