鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都:宇治平等院

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







宇治平等院


 平等院は、998年(長徳4年)、関白藤原道長が左大臣源重信の婦人から譲り受けた別荘「宇治殿」を、道長没後の1052年(永承7年)に、その子頼通が寺としたのが始まり。

 開山は明尊。

 この頃の日本は、釈迦入滅後2000年後に仏法が廃れるという「末法思想」が広く信じられた時代で、貴族は極楽往生を願い、阿弥陀如来を本尊とする仏堂を建立していた。

 平等院が創建された1052年(永承7年)は「末法元年」といわれる年で、平等院でも翌年には西方極楽浄土を表現したという鳳凰堂(阿弥陀堂)が建立され、定朝作の阿弥陀如来像が安置された。


 平等院の前身「宇治殿」は、源氏物語のモデルとされる源融が営んだ別荘が始まりで、宇多天皇、源重信(宇多天皇の孫)を経て道長のものとなった。

 現在の平等院は、天台宗系の最勝院と浄土宗の浄土院によって管理されている





平等院鳳凰堂
鳳凰堂
(国宝)

宇治平等院:観音堂
観音堂
(重文)
宇治平等院:鐘楼
梵鐘
(国宝)



宇治平等院:南門
南門
宇治平等院:養林院
養林院書院
(重文)

宇治平等院:浄土院
塔頭:浄土院
宇治平等院:羅漢堂
羅漢堂

宇治平等院:最勝院
塔頭:最勝院
宇治平等院:不動堂
不動堂

宇治平等院:最勝院
池殿地蔵堂



〜宇治平等院の戦い〜

 平等院は、平家打倒の令旨を発布した以仁王とともに挙兵した源頼政の終焉の地。 

頼政終焉の地
宇治平等院:扇の芝
扇の芝
塔頭最勝院
源頼政墓:宇治平等院
源頼政墓



宇治平等院:鳳翔館
鳳翔館
(平等院の博物館)



歴史めぐり源頼朝



宇治平等院
平等院

宇治市宇治蓮華116

JR奈良線「宇治駅」下車徒歩10分
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車徒歩10分。






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索