鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都御所

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







京都御所


 京都御所は、1869年(明治2年)まで、天皇が住まいする内裏があった所。

 東西約250メートル、南北約450メートルの築地塀に囲まれ、6箇所のに門が造られている。

 桓武天皇が794年(延暦13年)に遷都したときの御所は、現在地の西方2キロにあったが、南北朝時代に今の場所に移った。





南面
京都御所:建礼門
建礼門
(けんれいもん)
北面
京都御所:朔平門
朔平門
(さくへいもん)


東面
京都御所:建春門
建春門
(けんしゅんもん)
西面南
京都御所:宜秋門
宜秋門
(ぎしゅうもん)


西面中
京都御所:清所門
清所門
(せいしょもん)
西面北
京都御所:皇后門
皇后門
(こうごうもん)








猿ヶ辻:京都御所
猿ヶ辻

 鬼門にあたる北東の築地塀は凹んでおり、築地屋根の蟇股には日吉山王社の神の使いとされる猿が祀られている。

 そのため「猿ヶ辻」と名付けられている。


猿ヶ辻:京都御所
神の使いの猿

 この猿は金網の中に入れられているが、夜な夜な屋根から飛び出し 悪戯を繰り返したからなのだとか。

 猿ヶ辻は「つくばいの辻」とも呼ばれ、夜中に歩くと足がもつれて這いつくばってしまうのだという。

 平安京の表鬼門(東北)を守護する寺院として信仰を集めた赤山禅院の拝殿の屋根にも鬼門除けの猿が置かれている。



京都御苑:蛤御門
蛤御門
京都御苑:厳島神社
厳島神社





京都御所
京都御所

京都府京都市上京区京都御苑3

地下鉄烏丸線「今出川駅」より徒歩5分






奈良・京都
奈良・京都



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索