奈良・京都

京都:今宮神社
〜玉の輿神社〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







今宮神社


 今宮神社は、994年(正暦5年)に都で疫病が流行った際に、疫神の二基の神輿を船岡山に安置して「紫野御霊会」 を営んだことに始まる。

 1001年(長保3年)、現在地に社殿が造営され、疫神を船岡山から遷し今宮社と名付けられた。

 今宮とは新たな宮という意味。

 江戸幕府五代将軍徳川綱吉の生母・桂昌院が崇敬した神社として、良縁開運の御利益で人気を集め、「玉の輿神社」の名で親しまれている。


祭神

大己貴命(おおなむちのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)





今宮神社楼門
楼門
今宮神社舞殿
舞殿

今宮神社疫社
摂社疫社
今宮神社織姫社
織姫社

今宮神社阿呆賢さん
阿保賢さん
今宮神社八社
八社

今宮神社:日吉社・大将軍社・八幡社
日吉社・大将軍社
今宮神社:稲荷社・織田稲荷社
稲荷社・織田稲荷社

今宮神社若宮社
若宮社
今宮神社:絵馬舎
絵馬舎

今宮神社:地主稲荷
地主稲荷社
今宮神社月読社
月読社








今宮神社:桂昌院
桂昌院
今宮神社本殿旧跡
本殿旧跡

今宮神社:お玉の井戸
お玉の井戸
今宮神社:宗像社
宗像社 

今宮神社神橋
神橋
今宮神社:神馬舎
神馬舎

今宮神社:東門
東門
あぶり餅
あぶり餅屋



今宮神社:神輿庫
神輿庫

 毎年4月第2土曜日に行われる「やすらい祭」は、疫病が流行した際に風流を凝らして詣で鎮静安寧を祈願したという祭で、紫野御霊会で行われたのを契機とし、国の無形民俗文化財に指定されている。

 京都三大奇祭の一つ。

 5月の今宮祭は、紫野御霊会を起源とする。




今宮神社
今宮神社

京都市北区紫野今宮町21

市バス「今宮神社前」下車すぐ
市バス「船岡山」下車徒歩7分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり