鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都:御金神社

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







京都:御金神社


 御金神社(みかねじんじゃ)は、最近人気のスポット。

 幕末の新宗教の一つ金光教の信者だった田中庄吉が1883年(明治16年)に創建し、金神様の愛称で親しまれてきた神社。

 祭神は、鉱山(金山)の神として信仰される金山毘古命(かなやまひこのみこと)。

 農機具や刀剣などの金属の神様として信仰されてきたが、今日では金融、証券関係者をはじめ、お金を増やしたいといった人たちの信仰を集めている。


祭神

金山毘古命
(かなやまひこのみこと)
天照大神
(あまてらすのおおみかみ)
月読神
(つきよみのかみ)





御金神社:金の鳥居
金の鳥居

御金神社:金の鈴緒
金の鈴緒

 祭神の月読神は夜の神様。

 参拝客が好きな時間に自由にお参りできます。


御金神社:イチョウ絵馬
御神木のイチョウ絵馬







御金神社

京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618

市営地下鉄「烏丸御池駅」より徒歩7分
市営地下鉄東西線「二条城前」駅より徒歩約5分



奈良・京都



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索