鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 源義朝最期の地



壺井八幡宮
〜河内源氏の氏神〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







壺井八幡宮


 壺井八幡宮は、前九年の役に勝利した源頼義が、1064年(康平7年)5月15日に社殿を造営し、石清水八幡宮を勧請したことに始まる。
 
 頼義は、河内源氏の祖頼信の子。

 前九年の役に勝利して河内国に凱旋した頼義は、香呂峰と呼ばれた地を壺井に改め、壺井八幡宮を河内源氏の氏神とした。

 鎌倉の鶴岡八幡宮も頼義の創建。
 
 1180年(治承4年)、源頼朝が鎌倉を本拠とすると、鶴岡八幡宮が河内源氏の総氏神となるが、壺井八幡宮は河内源氏の祖廟として、また、義家以降河内国を本拠とした石川源氏の氏神として信仰された。


祭神 誉田別尊(応神天皇)
仲哀天皇
神功皇后


 現在の社殿は、1701年(元禄14年)、徳川綱吉の命を受けた柳沢吉保が再建したもの。





〜河内源氏〜

 河内源氏は、源基経から始まる清和源氏の一流。

 清和源氏二代目で多田源氏の祖・源満仲の子頼信が河内国を本拠としたことに始まる。

 頼信、頼義義家と三代にわたって河内国を本拠としていたが、義家以降、河内源氏の本流は河内国を離れたため、義家の六男義時の一族が河内国を本拠としている。


壺井権現社
壺井権現社
壺井水
壺井水



源義家歌碑
源義家歌碑

「吹く風を なこその関と思へども 道も狭に散る 山桜かな」


壺井八幡宮の楠
楠の木

樹齢1000年ともいわれる古木。



通法寺跡
通法寺跡
(源氏三代の墓)
誉田八幡宮
誉田八幡宮
(源頼朝ゆかりの社)







歴史めぐり源頼朝



壺井八幡宮
壺井八幡宮

大阪府羽曳野市壺井605−2

近鉄南大阪線「上ノ太子駅」下車
徒歩15分


源頼朝をめぐる大阪



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺

カスタム検索