鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



大 山 寺
鉄造不動明王:伊勢原市

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







大山寺


 大山寺(真言宗大覚寺派)は、755年(天平勝宝7年)、東大寺を開いた良弁によって開かれ、第三世には弘法大師が入山している。

 源頼朝が戦勝祈願のための太刀を奉納したと伝えられ、鎌倉胡桃ヶ谷にあった大楽寺の願行(京都泉涌寺第六世)は、1264年(文永11年)、大山再興のために江ノ島に参籠し、「鉄造不動明王」と「こんから童子」、「せいたか童子」を鋳造した(国の重要文化財)。

 鎌倉覚園寺の鉄造不動明王像は、願行が、大山寺の不動明王像を鋳造するに当たって試しに鋳造したものと伝えられ、「試みの不動」と呼ばれている。

 明治の神仏分離によって、大山阿夫利神社下社のある場所から、現在の場所に移された。 





〜大山詣〜

 江戸時代に入ると、徳川家康が大山寺を改革し、春日局は、家光が世継となるよう祈願するため参拝している。

 家光は、宇都宮の吊天井の難を逃れたのは不動明王像の加護のおかげとして深く帰依し、大山寺の造営(大修繕)を行っている。

 こうしたことから、江戸大衆の間でも大山の不動詣りが広まっていったという。


日本遺産・大山詣


〜大山詣でと宝泉寺(藤沢)〜

 藤沢市辻堂にある宝泉寺は、源頼朝が勧請した寺ともいわれ、江戸時代には、大山詣の帰りに必ず参詣する寺として賑わっていたという。



大山寺
弘法大師堂
大山寺
青銅宝篋印塔


大山寺
幸福の鐘
大山寺
大山こま


大山寺
女坂の七不思議
阿夫利神社
大山阿夫利神社







大山寺 大山寺
かわらけ投げ(土器投げ)

 「厄除け」と書かれた土器(どき)を崖下の輪にめがけて投げ、輪の中をくぐれば幸運をもたらすとされている。

 「かわらけ投げ」の発祥は、京都の神護寺といわれている。



〜後白河法皇の四十九日法要〜

 『吾妻鏡』によれば、1192年(建久3年)5月8日、源頼朝が後白河法皇の四十九日法要を勝長寿院で行った際には、大山寺の僧も3名参列している。

 他は、鶴岡八幡宮20人、勝長寿院13人、伊豆山権現18人、箱根権現18人、岩殿寺2人、金目観音3人、高麗寺3人、六所神社3人、杉本寺1人、窟不動1人、慈光寺10人、浅草寺3人、真慈悲寺3人、飯泉観音2人、国分寺3人。



大山寺の紅葉
紅葉
大山ケーブルカー
大山ケーブルカー



雨降山大山寺(伊勢原市)の紅葉2013/11/20(okadoのブログ)

大山の秋・・・大山寺から日向薬師へ(okadoのブログ)





歴史めぐり源頼朝



大山寺
大山寺

神奈川県伊勢原市大山724
0463−95−2011

小田急線伊勢原駅よりバス→大山ケーブル駅バス停→徒歩15分→大山ケーブル駅→大山寺駅→へ徒歩5分


源頼朝ゆかりの大山寺・日向薬師・飯山観音を巡る



大きなサイズで見る 大山 日向



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索