鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 信濃善光寺



熱田神宮
〜源頼朝が崇敬した神社〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







熱田神宮


 熱田神宮は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀った神社で、
113年(景行天皇43年)の創建と伝えられる。

 東国平定の帰路、尾張に滞在した日本武尊(やまとたけるのみこと)は、宮簀媛命(みやすひめのみこと)を妃とし、神剣を妃のもとに留め置いた。

 日本武尊が伊勢国能褒野(のぼの)で亡くなると、宮簀媛命は熱田の地に神剣を祀ったのだという。

 それが熱田神宮のはじまりとされ、伊勢神宮に次ぐ宮として栄えた。

 平安時代末、源氏の棟梁源義朝は、大宮司藤原季範の娘由良御前を正室とし、源頼朝を授かっている。

 戦国時代には織田信長が祈願し、桶狭間の戦いに勝利した。


=祭神=

熱田大神
(あつたのおおかみ)

=相殿神=

天照大神(あまてらすおおみかみ)
素盞嗚尊
(すさのおのみこと)
日本武尊
(やまとたけるのみこと)
宮簀媛命
(みやすひめのみこと)
建稲種命(たけいなだねのみこと)


熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を神体とする天照大神のこと。



大燈籠
大燈籠(佐久間燈籠)

 尾張御器所城主・佐久間盛次の四男大膳亮勝之が、熱田神宮の守護により海難を免れたとして、1630年(寛永7年)に寄進した巨大燈籠。
 高さ8.25メートル。 


二十五丁橋
石橋(二十五丁橋)

 板石が25枚並んでいることから二十五丁橋と呼ばれ、名古屋で最古の石橋。
 西行もこの石橋で休んだと伝えられている。


二十五丁橋
横からみた石橋
名古屋甚句
名古屋甚句の碑

ア〜宮の熱田の二十五丁橋でエ〜 ア〜西行法師が腰を掛け 東西南北見渡して
これ程涼しいこの宮を たれが熱田とヨーホホ ア〜アア名を付けたエ〜
トコドッコイ ドッコイショ


大楠
大楠

 弘法大師お手植えとされる古木。樹齢千年を超えるといわれている。
 熱田神宮の境内にある特に大きな楠七本は「七本楠」と呼ばれ、古くから知られている。







〜源頼朝の生誕地・尾張〜

 熱田神宮大宮司藤原季範の娘・由良御前は、源義朝に嫁ぎ、のちに鎌倉幕府を開く源頼朝を生んだ。

 頼朝は熱田神宮を尊崇し、鎌倉の鶴岡八幡宮に熱田社を勧請したという。

 また、異母弟の源義経は、京都の鞍馬寺を抜け出し、奥州平泉の藤原秀衡のもとへ向かう途中で大宮司を烏帽子親として元服したと伝えられている。


源頼朝誕生地
源頼朝誕生地
(名古屋市:誓願寺)
源頼朝産湯の井
亀井水
(名古屋市:龍泉寺)


 熱田神宮の西側、伏見通沿いにある誓願寺は、大宮司藤原季範の別邸があった所とされ、由良御前は頼朝をここで生んだと伝えられている。

 また、瑞穂区にある龍泉寺の門前には、頼朝の産湯の井と伝えられる「亀井水」が残されている。



歴史めぐり源頼朝



熱田神宮
熱田神宮

愛知県名古屋市熱田区神宮1−1−1

名鉄名古屋本線・常滑線 神宮前駅
名古屋市営地下鉄名城線 神宮西駅または伝馬町駅
JR東海東海道本線 熱田駅 から徒歩



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

源頼朝をめぐる大阪 奥州平泉


カスタム検索