鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 信濃善光寺



源義朝最期の地
〜美浜町野間〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







源義朝象

 1159年(平治元年)12月の平治の乱に敗れた源義朝は、東国で再起を図るため京を脱出するが、尾張国野間で長田忠致の裏切りに遭い殺害された。

 愛知県知多郡美浜町の野間には、源義朝の史跡が多く残されている。


野間大坊(大御堂寺)
野間大坊
(大御堂寺)

 野間大坊(大御堂寺)には、平治の乱に敗れ、野間の地で殺害された源義朝の墓がある。

源義朝の墓
源義朝墓
血の池
血の池

 木太刀が供えられた義朝の墓の周囲には池禅尼、鎌田政家夫妻、織田信孝の墓も置かれている。

 血の池では、長田忠致によって殺害された源義朝の首が洗われたのだという。


湯殿跡
御湯殿跡
乱橋
乱橋

 源義朝は入浴中に殺害されたと伝えられている。

 法山寺には湯殿跡が残されている。

 法山寺の入り口にある乱橋は、源義朝の家来と、義朝を殺害した長田忠致の家来が戦った所と伝えられる。


磔の松
長田父子磔の松

 源義朝を殺害した長田父子は、のちに源頼朝によって殺された。



〜参考〜

 源義朝の正室は、熱田神宮大宮司藤原季範の娘・由良御前。

 嫡男の頼朝は、1147年(久安3年)4月8日に尾張国で誕生したといわれている。


熱田神宮
熱田神宮
(名古屋市)

源頼朝誕生地
源頼朝誕生地
(名古屋市:誓願寺)
源頼朝産湯の井
亀井水
(名古屋市:龍泉寺)












源義朝最期の地MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

源頼朝をめぐる大阪 奥州平泉


カスタム検索