鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



源実朝の墓
(源実朝公御首塚)

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







源実朝御首塚


 源実朝は、鎌倉幕府を開いた源頼朝北条政子の次男。

 比企の乱で兄頼家が失脚した後、三代将軍となった。

 1219年(建保7年)正月27日、鶴岡八幡宮での右大臣拝賀式を終えた後、甥の公暁によって暗殺される(参考:源実朝の暗殺(源氏の滅亡))。

 公暁は、三浦義村の家臣長尾定景によって成敗され、公暁が持ち去った実朝の首は、義村の家臣武常晴が拾い上げ、波多野氏を頼ってこの地に葬ったのだと伝えられている。

 もとは、木製の五輪塔であったと伝えられ、その五輪塔は、現在、鎌倉国宝館に寄託されている。


金剛寺の五輪塔
実朝の木製五輪塔
(鎌倉国宝館)


源実朝没後800回忌〜秦野市:実朝御首塚〜(okadoのブログ)



源実朝歌碑

ものいわぬ 四方のけだもの すらだにも
 あはれなるかなや 親の子をおもふ


 源実朝は歌人として知られ、家集に『金槐和歌集』がある。

 首塚に建てられた歌碑は、『金槐和歌集』に載せられた一首で、実朝研究家で歌人の佐佐木信綱が揮毫した。


 『金槐和歌集』の「金」は鎌倉の鎌の偏を表し、「槐」は大臣のことを表したものであることから、「鎌倉の右大臣の家集」という意味があるという。



武常晴

 源実朝を暗殺した公暁は、実朝の首を持って三浦義村の館に向うが、その義村によって討たれた。

 武常晴は、長尾定景父子とともに追討を命ぜられ、実朝の首を手に入れることができたのだという。

 その首を三浦氏と仲の悪かった波多野忠綱を頼って、この地に埋葬したのだと伝えられている。



長尾定景

 公暁を成敗した定景は、戦国時代に活躍する上杉謙信の祖といわれ、現在の横浜市戸塚区を領していた(参考:長尾城址)。

 鎌倉市植木の久成寺には長尾定景一族の墓がある。


長尾定景墓
長尾定景墓
(鎌倉)







金剛寺
金剛寺金剛寺

 金剛寺は、実朝の首が埋葬されたことがその始まりとされている。 



波多野城址の碑
波多野城址

 波多野氏は、平安時代末から鎌倉時代にかけて相模国波多野荘(現在の秦野市)を本領とした。

 佐伯経範を祖とし、平将門の反乱を鎮めた藤原秀郷の後裔だといわれている。



源実朝の五輪塔
壽福寺の五輪塔
(鎌倉:壽福寺)


北条政子と源実朝の墓(okadoのブログ)

源実朝の木製五輪塔(okadoのブログ)

源実朝の首と七騎谷の伝説(okadoのブログ)

波多野城址・源実朝墓・金剛寺〜秦野市〜(okadoのブログ)





源実朝公御首塚の行き方

小田急線秦野駅より『バス』

【秦23】「くず葉台経由藤棚行き」
【秦26】「くず葉台経由神奈川病院循環秦野駅行き」

「中庭」下車、徒歩約5分

秦野市東田原1018−2

源実朝公御首塚の前には田原ふるさと公園があります。



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索