鎌倉手帳(寺社散策)

奈良・京都 奥州平泉



信濃善光寺
〜長野市〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







善光寺


 信濃善光寺は、無宗派の単立寺院。

 本尊の「一光三尊阿弥陀如来像」は、日本に仏教が伝来した552年(欽明天皇13年)に百済の聖明王から贈られた日本最古の仏像と伝えられ、その仏像を入手した本田善光が、602年(推古天皇10年)に信濃に伝えたのだとされている。

 現在地に遷座されたのは、642年(皇極天皇元年)。
 伽藍が建てられたのは644年(皇極天皇3年)。
 寺名は本田善光に由来。

 本尊は実際に生きているという意味で「生身の如来」と称され、絶対秘仏で開帳されることはない。

 鎌倉時代には源頼朝が参詣したと伝えられ、戦国時代には武田信玄によって本尊をはじめとする寺宝などが一時甲斐国に移されたが(甲斐善光寺)、1598年(慶長3年)に信濃に戻されている。


 仏教伝来について、現在では、538年(宣化天皇3年)とする説が有力。


源頼朝の参詣

戦国期の善光寺如来



善光寺の敷石
敷石
(7000枚の石畳)
善光寺仁王門
仁王門


善光寺延命地蔵
延命地蔵尊
(旧本堂跡)
善光寺釈迦堂
釈迦堂
(釈迦涅槃像)


善光寺の駒返り橋
駒返り橋
(源頼朝の伝説)
善光寺六地蔵
六地蔵


善光寺ぬれ地蔵
ぬれ仏
(八百屋お七)
善光寺三門
三門
(鳩字の額)


善光寺本堂
本堂
(日本最古の善光寺如来)


善光寺鐘楼
鐘楼
(五輪開会を告げた鐘)
善光寺経蔵
経蔵
(一切経を収める堂)


善光寺忠霊殿
忠霊殿
(戦没者霊廟)
善光寺雲上殿
雲上殿
(納骨堂)







〜善光寺を運営する大本願と大勧進〜

善光寺大本願
大本願
善光寺大勧進
大勧進

 善光寺の住職は、大本願の善光寺上人と大勧進の貫主が勤めている。



善光寺回向柱
歴代回向柱
(御開帳で建立される柱)
善光寺爪彫如来
爪彫如来
(親鸞の阿弥陀如来)


木造地蔵菩薩立像
おやこ地蔵
(東日本大震災復興支援)
善光寺石造宝篋印塔
石造宝篋印塔
(伝佐藤兄弟の供養塔)



〜甲斐に移された善光寺如来〜

 善光寺の本尊「一光三尊阿弥陀如来像」は、戦国期に武田信玄によって甲斐国に移された。

 信玄は、上杉謙信との戦いで善光寺が焼けるのをおそれたのだという(参考:川中島古戦場)。

 武田氏滅亡後は、織田、徳川、豊臣を転々とした後、1598年(慶長3年)に信濃へ戻されている。


甲斐善光寺
甲斐善光寺







歴史めぐり源頼朝



善光寺
信濃善光寺

長野県長野市元善町491

JR長野駅からバス「善光寺大門」下車。
善光寺大門から本堂まで徒歩15分。



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地


カスタム検索