鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



潮神楽(汐まつり)
〜鎌倉:材木座海岸〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







潮神楽


 鎌倉材木座海岸の鏡開きの神事。

 毎年1月11日(10:00〜)に豊漁と安全を祈願して行われます。

 砂浜に笹のついた青竹を四方に建てて縄をはり、海に向かって祭壇を作ります。

 そこに、海の幸や山の幸、御神酒をお供えして神事が行われます。

 鎌倉神楽が舞われ、天狗の面をつけた神主によって、見物人にみかんが投げられます。

 明治時代から五所神社が引き継いで行われているそうですが、五所神社は宮司不在のため鶴岡八幡宮八雲神社などの宮司が神事を代行しています。

 鎌倉神楽を奉納して、漁師たちが新しい年の豊作や大漁を祈ります。





潮神楽 潮神楽


 「鎌倉天王唄」が奉納された後、鎌倉神楽が奉納されます。

 源頼朝鶴岡八幡宮を造営した際、材木座海岸に引き上げられた木材が「天王唄」を歌いながら運ばれたといいます(参考:手斧始式)。

天王唄動画(ユーチューブ)

鎌倉神楽動画(ユーチューブ)


潮神楽

 鎌倉神楽は、「湯立神楽」又は「湯花神楽」とも呼ばれています。


潮神楽

 その由縁は、釜で湯を煮えたぎらせ、その湯を使って神事を執り行うところにあります。

 撒かれた湯がかかると健康で過ごせるそうです。


潮神楽

 5本の矢をもった神職が、山の四方に矢を放ちます。

 残り1本は、祭壇に向けますが、矢は放ちません。

 祭壇には「厄はない」という意味があるそうです。

射払動画(ユーチューブ)



潮神楽 潮神楽

 「天狗」と「もどき」の神楽は、天狗の舞をもどきが邪魔をするという設定で、参加者を楽しませてくれます。


潮神楽

剣舞動画(ユーチューブ)



潮神楽
最後は「どんど焼き」

正月の注連飾りや門松などを積み上げて、浄火で焚きあげます。



〜新年の鎌倉・・・海の行事〜

船おろし
船おろし
1月2日
(坂ノ下海岸)
船祝い
船祝い
1月4日
(腰越漁港)


 1月2日には坂ノ下海岸「船おろし」が、1月4日には腰越漁港「船祝い」が行われます。 

鎌倉:汐まつり
坂ノ下海岸の汐まつり
(1月11日)







潮神楽
材木座海岸

鎌倉駅東口から徒歩30分
又は
小坪経由逗子駅行バス「材木座」下車


鎌倉の海



初詣
鎌倉の初詣
新年イベント
新年イベント


鎌倉:新年イベントマップ


鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索