鎌倉手帳(寺社散策)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鎌倉の海水浴場



鶴岡八幡宮の大銀杏
〜伝説の隠れ銀杏〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







鶴岡八幡宮大銀杏
初夏の大銀杏
鶴岡八幡宮大銀杏
黄葉の大銀杏


鶴岡八幡宮大銀杏


上るや石のきざはしの
左に高き大銀杏
問わばや遠き世々の跡
唱歌 鎌倉


 3代将軍源実朝を暗殺した公暁が隠れていたという伝説から「隠れ銀杏」とも呼ばれていた鶴岡八幡宮の大銀杏。

 長い間、鎌倉の歴史を見守ってきた古木は、平成22年3月10日未明、倒れてしまいました。

 樹齢は1千年ともいわれ、神奈川県の天然記念物に指定されていました。





鶴岡八幡宮大銀杏 鶴岡八幡宮大銀杏

 源頼朝が鎌倉に入り、新たに創建された鶴岡八幡宮では、静御前が舞い、流鏑馬が行われ、3代将軍源実朝暗殺されるなどの多くの出来事がありました。

 大銀杏は、これらの出来事や鎌倉幕府の滅亡などの歴史を静かに見つめてきたことでしょう。

 5月頃には新緑となり、秋には美しい黄葉を見せてくれていましたが、もう見ることができないと思うと残念です。



鶴岡八幡宮大銀杏

 倒れた大銀杏の幹は切断され、移植されました。根付くことが期待されています。

鶴岡八幡宮大銀杏

 幹の移植とは別に、元の場所の穴が埋められ、根から新しい芽が出るように整備されました。







出てきた新芽

鶴岡八幡宮大銀杏 鶴岡八幡宮大銀杏
(平成22年4月26日)

 平成22年4月1日、「残った根の部分から新芽が出ていることが確認された」と発表されました。


がんばれ!大銀杏

鶴岡八幡宮大銀杏
大銀杏再生の記録

 平成24年には根の部分から新たな「ひこばえ」(若芽)が確認され、成長を続けています。





鶴岡八幡宮の大銀杏2014

大銀杏の芽吹き・・・鶴岡八幡宮2015/04/22


鶴岡八幡宮大銀杏

〜神奈川県の天然記念物の指定解除〜

 鎌倉で唯一の県指定天然記念物だった大銀杏は、平成22年6月、その指定が解除されています。







鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

鎌倉市雪ノ下2−1−31

鎌倉駅東口より徒歩10分



鎌倉:寺社・史跡巡りMAP
鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鎌倉の海水浴場


カスタム検索