鎌倉手帳(寺社散策)

百八やぐら
〜鎌倉のやぐら〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







百八やぐら


 覚園寺の山門跡から天園ハイキングコースへと向かう山道を進むと、やがて多数のやぐらを見ることが出来る。

 180穴ほどあるといわれており、鎌倉では最大のやぐら群。

 数が多いということで、仏教でいうところの百八の煩悩になぞらえて付けられた名。





 百八やぐらは、五輪塔や宝篋印塔、仏像が安置されているものから、梵字が刻まれたもの、仏像が刻まれたものなど、一般的なものから珍しい様式のものまで、あらゆる形式のやぐらがあるといわれている。

 江戸から明治にかけては、「弘法大師八十八箇所霊場」で、八十八体の弘法大師像が置かれていたという。






百八やぐら弘法大師
弘法大師像





鎌倉のやぐら



天園ハイキングコース
天園ハイキングコース



「お塔の窪やぐら」への道

鎌倉アルプスの散策・・・前編 後編







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭
かまくら長谷の灯かり 夏:江の島