鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 鎌倉検定

FB



歴史めぐり源頼朝
〜富士川の戦い〜







 源頼朝が鎌倉に入って間もない1180年(治承4年)10月13日、平維盛・忠度を大将とする東征軍が駿河国に入りました。

 頼朝も10月16日、鎌倉を出発しています。

 このときの頼朝軍は20万騎だったと『吾妻鏡』は記しています。

 10月18日には黄瀬川に到着し、甲斐、信濃の源氏と北条時政の2万騎が頼朝軍に合流。

 10月20日、駿河国賀島に到着した頼朝は、平家軍と富士川を挟んで対峙します。

 しかし、この日の夜半、平家軍の背後に回ろうとした武田信義の軍勢に驚いた水鳥が一斉に飛び立ったため、敵襲と勘違いした平家軍は戦わずして敗走してしまったということです。

 翌10月21日、頼朝は平維盛らを追って、直ちに上洛しようとしますが、千葉常胤三浦義澄上総広常らに板東の統一が先であると主張されたため、黄瀬川へ引き返しています。

 この黄瀬川では弟義経との対面がありました。


平家越の碑(富士市)
平家越の碑
(富士市)
頼朝・義経対面石(駿東郡清水町)
頼朝・義経の対面石
(駿東郡清水町
・八幡神社)


〜頼朝に敵対した大庭景親と伊東祐親は・・・〜

 この間、石橋山の戦いで頼朝を苦しめた大庭景親は、1000騎を率いて平家軍に合流しようとします。

 しかし、10月18日、頼朝軍20万騎に前途を塞がれたため、河村山に逃げ込み、平家軍が敗走すると、10月23日、ついに降伏しました。

 そして、上総広常に預けられた後、10月26日、片瀬で処刑されています。

 また、海上から平家軍に合流しようとした伊東祐親は、10月19日、天野遠景に捕らえられ、三浦義澄に預けられています。

 のちに義澄の嘆願によって助命されますが、1182年(養和2年)2月14日、相模国の義澄邸で自ら命を絶っています(参考:鐙摺山)。


頼朝・義経対面石(駿東郡清水町)
河村城址


〜初めての論功行賞〜

 10月23日、頼朝は、相模国府で挙兵から初めての論功行賞を行いました。

 北条時政武田信義、安田義定、千葉常胤三浦義澄上総広常和田義盛土肥実平安達盛長、土屋宗遠、岡崎義実、工藤親光、佐々木定綱、佐々木経高、佐々木盛綱、佐々木高綱、工藤景光、天野遠景、大庭景義、宇佐美祐茂、市川行房、加藤景員、宇佐美実政、大見家秀、飯田家義以下の者にこれまでの領地を安堵し、あるいは、新しい領地を与えたりしています。

 また、三浦義澄を「三浦介」に任命し、下河辺行平を「下河辺庄司」に任命します。

  そして、大庭景親とともに投降してきた長尾為宗は岡崎義実に、長尾定景は三浦義澄に預けられ、河村義秀は河村郷を取り上げられ、身柄は大庭景義に、山内経俊は山内庄を取り上げられ、身柄は土肥実平に預けられました。


六所神社(大磯町)
六所神社
(大磯町)

 六所神社は相模国総社。

 頼朝富士川の戦いに際し、六所神社で戦勝祈願を行ったという。







義経との涙の対面

明暗が分かれた大庭兄弟

法華経に救われた長尾定景

母の哀訴で許された山内経俊




鶴岡八幡宮の遷宮

佐竹征伐



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 宝物風入