鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 鎌倉検定

FB



歴史めぐり源頼朝
〜平重衡の南都焼討〜







 1180年(治承4年)5月30日、平清盛は、都を福原(現神戸市)に遷すことを発表し、6月2日には遷幸が強行されました。

 その前年には、後白河法皇を幽閉し、娘徳子が生んだ安徳天皇を即位させ、平家による独裁政治を始めていた清盛でしたが、こうした行動は、貴族・寺社・武士からの反発を受け、全国的な反平家勢力の蜂起へとつながっていくことになります。

 8月17日には源頼朝が挙兵。

 伊豆国の目代山木兼隆を討ち取った頼朝は、相模国に進軍し、石橋山の戦いでは平家方の大庭景親らに敗れますが、海路安房に渡り、軍勢を整えて、10月7日、鎌倉に入ります。

 10月20日には、富士川で平家軍を敗走させました。

 一方、福原遷都を強行した清盛は、11月23日、還都を発表し、26日には安徳天皇・後白河法皇をはじめ平家一門も京都に帰っています。


 そうした情勢の中の1180年(治承4年)12月25日、清盛は、東大寺興福寺の反平家勢力を一掃するため、平重衡を南都に向かわせ、28日には南都を焼き尽くしてしまいます。

 この事件で 清盛は「仏敵」とされ、平家は四面楚歌の状態に置かれてしまいました。


東大寺(奈良市)
東大寺
(奈良市)
興福寺(奈良市)
興福寺
(奈良市)

 東大寺の再興に積極的な助勢を行った頼朝は、のちの1195年(建久6年)に上洛し、大仏殿の落慶供養に参列しています。

 南都焼討と東大寺の再興〜重源と源頼朝〜



〜鎌倉へ送られた平重衡〜

 焼討によって東大寺興福寺を焼き払った平重衡は、1183年(寿永2年)2月、一ノ谷の合戦で捕えられ、鎌倉へ送られてきます。
 
 頼朝は「一族の冥福を祈るように」と重衡に阿弥陀像を与えたといわれ、鎌倉・教恩寺阿弥陀像がそれだと伝えられています。

 また、頼朝に気に入られた重衡は、侍女の千手の前を与えられ、工藤祐経が鼓を、千手の前が琵琶を、重衡が笛を吹くという酒宴が催されたといいます。

 1185年(元暦2年)3月、平家が壇ノ浦で滅亡すると、重衡は南都に引き渡され、木津川で斬首されました。


教恩寺(鎌倉市)
教恩寺
(鎌倉市)




新亭完成・武家の都の誕生

平清盛の死



源頼朝









岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 宝物風入